コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリーゼ パリーゼ Parise, Goffredo

2件 の用語解説(パリーゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリーゼ
パリーゼ
Parise, Goffredo

[生]1929. ビチェンツァ
[没]1986.8.31.
イタリアの小説家。幻想的な作品を得意とし,その底には小市民社会の偏見に対する告発と順応主義への皮肉が読取れる。主著『死んだ少年と彗星』 Il ragazzo morto e le comete (1951) ,『美男司祭』 Il prete bello (53) ,『主人』 Il padrone (65) ,『自然の絶対者』L'assoluto naturale (67) ,『音綴表第1』 Sillabario n. 1 (72) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリーゼ
ぱりーぜ
Goffredo Parise
(1929―1986)

イタリアの小説家。ベネト地方出身。戦火の悲惨を少年の幻想に託して描いた処女作『死んだ子とほうき星』(1951)ののち、ネオレアリズモ風の『美男司祭』(1954)などで好評を博した。人間疎外を語る『企業主』(1965)、対話劇風の『自然の絶対物』(1967/邦訳名『彼女と彼』)、怪奇な風景の短編集『ウィーンの火葬場』(1969)を経て、同『読本』上下(1972、82)を発表。中国、日本その他の旅行記がある。[米川良夫]
『千種堅訳『彼女と彼』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パリーゼの関連キーワードビチェンツァクラビチェンバロスロンツァンガンポチチェンイッツァジェンツァーノセンツァピアチェンツァ大聖堂ラ・リゾナンツァピアチェンツァ会議フランチェスコ・ビアジア

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

パリーゼの関連情報