コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリーゼ Parise, Goffredo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パリーゼ
Parise, Goffredo

[生]1929. ビチェンツァ
[没]1986.8.31.
イタリアの小説家。幻想的な作品を得意とし,その底には小市民社会の偏見に対する告発と順応主義への皮肉が読取れる。主著『死んだ少年と彗星』 Il ragazzo morto e le comete (1951) ,『美男司祭』 Il prete bello (53) ,『主人』 Il padrone (65) ,『自然の絶対者』L'assoluto naturale (67) ,『音綴表第1』 Sillabario n. 1 (72) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パリーゼ
ぱりーぜ
Goffredo Parise
(1929―1986)

イタリアの小説家。ベネト地方出身。戦火の悲惨を少年の幻想に託して描いた処女作『死んだ子とほうき星』(1951)ののち、ネオレアリズモ風の『美男司祭』(1954)などで好評を博した。人間疎外を語る『企業主』(1965)、対話劇風の『自然の絶対物』(1967/邦訳名『彼女と彼』)、怪奇な風景の短編集『ウィーンの火葬場』(1969)を経て、同『読本』上下(1972、82)を発表。中国、日本その他の旅行記がある。[米川良夫]
『千種堅訳『彼女と彼』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

パリーゼの関連キーワード師岡広明寺部智英森戸宏明

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android