コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶対者 ゼッタイシャ

デジタル大辞泉の解説

ぜったい‐しゃ【絶対者】

哲学で、他の何ものにも依存せず、無制約的にそれ自身において存在する最高の超越的実在絶対的なもの。無制約者

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜったいしゃ【絶対者 the Absolute】

他のものに依存せず,自立的・自発的で自在であり,条件や制約による制限を知らず,完全で究極的な存在をいう。古代以来のフュシス,コスモスとしての宇宙,善のイデア等の実体,一者(ト・ヘンto hen),中世以来のなどは,人間を超越する勝義の絶対者である。近世以降では,精神,理性,自我性,人間性,さらには人間に無条件の服従と承認を迫る理念,知・信念などが,人間界における絶対者として登場する。〈絶対absolutus〉とは元来〈解き離された〉を意味し,ここから独立的・自存的の意味となり,明治10年代以来〈絶待〉とも訳された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぜったいしゃ【絶対者】

〘哲〙 絶対的な存在。神・宇宙・存在の本体など、他の相対的な存在を根拠づける最高の存在。ドイツ観念論では主観と客観との純粋な同一性とされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絶対者
ぜったいしゃ
absolute英語
absoluフランス語
Absoluteドイツ語

相対者の反対概念。それ自身において存立し、他の何ものによっても制約されず、限界づけられないものをいい、「無制約者」das Unbedingteともよばれる。シェリングにおいて、絶対者は精神と自然の両者の根底に存する無差別的な同一者として、有限な世界を限りなく超越したところに求められた。これに反し、ヘーゲルは、有限者に対立するものは絶対者ではなく、それ自身一種の有限者にすぎない、真の絶対者はあらゆる差別を含んだ同一者、有限者を含んだ無限者であると考える。彼において絶対者は、発展的に歴史的世界において自己を実現してゆくものであり、いわば精神として把握されていたのである。[伊藤勝彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の絶対者の言及

【神秘主義】より


【定義と特質】
 英語のmysticismなど〈神秘主義〉と訳される西欧近代語は,語源的には,〈(目あるいは口を)閉じる〉という意味のギリシア語myeinに由来するといわれる。それによってすでに通常の表現を許さない経験が示唆されているが,神秘主義とは,神,最高実在,宇宙の究極的根拠などと考えられる絶対者を,その絶対性のままに人間が自己の内面で直接に体験しようとする立場をいい,さまざまなバリエーションをもって広く宗教史のうちにあらわれている。 神秘主義の根本特質は,術語的に〈神秘的合一(ウニオ・ミュスティカunio mystica)〉といわれる絶対者と自己との合一体験にある。…

【仏教】より

…真理が絶対で,ブッダを通じて開顕されるということは,真理がキリスト教などの〈神〉の地位に代わるものであることを示す。しかし,仲介者,教主としてのブッダはキリスト同様一人であるとしても,覚者たることが万人に開かれているのは,絶対者が非人格的な真理である点とともに,仏教の特色である。ここでいう釈迦が悟った真理を仏教ではダルマ(法)と呼び,仏の教えはその真理を内容とするので,同じくダルマ,あるいは法と呼ばれる。…

※「絶対者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

絶対者の関連キーワードパーシー・ウインダム ルイスヤージュニャバルキヤモッラー・サドラーサッチダーナンダステファニーニ新プラトン主義プラクシテレスモノロギオンフォルケルト絶対的観念論ドイツ観念論ブラッドリー神の存在証明精神現象学能産的自然三島由紀夫優婆尼沙土ブラフマン反対の一致ハミルトン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

絶対者の関連情報