コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンゼーの乱 パンゼーのらん Panthay

2件 の用語解説(パンゼーの乱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンゼーの乱
パンゼーのらん
Panthay

中国,清代の雲南イスラム教徒の反乱 (1855~73) 。ビルマ人が雲南省におけるイスラム教徒をさしてパンゼーと呼んだが,それをイギリス人が採用して一般化した。清代の雲南では,中国各地から移住民を迎え,陝西のイスラム教徒 (回民) も移住し,漢回両民族が雑居して異質の社会を構成していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンゼーの乱
ぱんぜーのらん

中国、清(しん)代、雲南省におけるイスラム教徒(回族)の反乱(1856~73)。パンゼーPanthayとはビルマ人が雲南回族をよんだ名称で、イギリス人がこれを採用した結果、一般化した。1854年、楚雄(そゆう)府下の銀鉱で漢人と回族との間に争闘事件が起き、事件の波及を恐れた清朝官憲が、56年、省都昆明(こんめい)城内で回族を大量に虐殺した結果、日ごろから反漢・反官感情をもつ各地の回族が一斉に蜂起(ほうき)した。反乱軍は馬徳新(ばとくしん)、馬先(ばせん)が指導する東部と、杜文秀(とぶんしゅう)が率いる西部の二勢力に統合された。前者は中途で清朝に帰順したが、後者は大理(だいり)を拠点に、諸少数民族をも包含して清朝打倒を叫んだ。しかし72年大理が陥落し杜文秀は自殺して、翌年には鎮圧された。[片岡一忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のパンゼーの乱の言及

【回族】より


[回漢の摩擦]
 回民は信仰・習慣をはなはだしく異にする多数民族の漢族社会から特殊視されて,社会的経済的圧迫をうけることが多く,職業も小売業・飲食業・運搬業などに限定され,また,地方官吏からの圧迫や差別待遇をうけていた。その結果,各地で回漢の対立がおこり,明代中期から回民と漢人との械闘がしばしば発生し,清朝時代になると,1821(道光1),33,39,45‐48の各年に,雲南省に回民の反乱が続発し,1854‐72年(咸豊4‐同治11)の雲南回民の指導者,杜文秀に率いられた大規模の反乱はパンゼーの乱として著名である。陝西省では,1781‐85年(乾隆46‐50)に新教(伝統的中国イスラムに異を唱えた改革派)回民の反乱があり,1862年(同治1)には回漢の武力衝突がおこり,これは陝西から甘粛,新疆に波及し,77年(光緒3)まで陝甘・新疆のドゥンガン回民の大反乱がつづいた(回教徒蜂起)。…

※「パンゼーの乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

パンゼーの乱の関連キーワードイスラム哲学モロ民族解放戦線汎イスラム主義イスラム教のスカーフインドのイスラム教徒パキスタンとイスラム教回教徒蜂起馬明心Tājīk(イスラム教徒)イスラム教徒

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone