コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回民起義 かいみんきぎHui-min qi-yi; Hui-min ch`i-i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回民起義
かいみんきぎ
Hui-min qi-yi; Hui-min ch`i-i

中国,清代の回民 (イスラム教徒) の反乱に関する史料を収集して編纂したもの。白寿彝 (1976年現在,北京師範大学教授) 編。4冊。 1952年刊。第1,2冊は,道光・咸豊・同治年間 (1821~74) の雲南における反乱関係の史料で,官撰書だけではなく,イスラム教徒の手に成る第1次史料も多い。第3,4冊はほとんど清朝側の史料であるが,順治 (1644~61) ,乾隆 (1736~95) ,同治・光緒 (1862~1908) 間の北西 (現在の新疆ウイグル自治区方面) のイスラム教徒の反乱に関するものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

回民起義
かいみんきぎ

中国、清(しん)代中期以降、雲南、陝西(せんせい)、甘粛(かんしゅく)、青海、新疆(しんきょう)地方に起こった中国回民(イスラム教徒。いまは回族とよばれる)の反乱。おもな反乱としては1855年から73年までの雲南回民の反乱(パンゼーの乱)、1781年と84年に青海と甘粛に起こった新教回民の反乱、1862年から73年に陝西、甘粛、新疆に起こった回民反乱があり、1862~73年のものには新疆のウイグル人も参加した。原因は、清朝の少数民族圧迫に対するイスラム教徒の反抗であるが、いずれも清朝によって平定された。これらの回民反乱に関する政府および民間の数多くの記録を編集したものに『回民起義』4冊(白寿彝(はくじゅい)編)がある。[佐口 透]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

回民起義の関連キーワードパンゼー甘粛回部

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android