コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楚雄 そゆう Chǔ xióng

2件 の用語解説(楚雄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そゆう【楚雄 Chǔ xióng】

中国,雲南省中部,金沙江より南へのびる小支流,竜川江の上流にある県。楚雄イ(彝)族自治州の中心。雲南高原の西部と東部の中間に位置し,東は省都昆明のある滇池(てんち)盆地に,西は大理に,北へは金沙江流域より四川へ,南へは紅河流域よりベトナムへ通じる交通上の要衝にあることと,高原上の小盆地にあって安定した生産力にも恵まれ,早くから中心集落が発達した。付近に塩井もあって,岩塩の集散地でもあった。もともとは爨(そう)と呼ばれた西南異民族の居住地であったが,南北朝時代には中央との交流も盛んになり,漢民族の進出も始まっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楚雄
そゆう / チューシュン

中国、雲南省中部、昆明(こんめい/クンミン)の西約110キロメートルにある市。楚雄イ族自治州の州政府所在地。人口47万4453(2000)。雲南省からビルマ(現ミャンマー)へ通じる交通の要地にあたり、(てんめん)自動車道が東西に横断している。元(げん)代に威楚(いそ)県が置かれ、明(みん)代に楚雄と改称し、1983年に市となった。現在は付近で産出する米、小麦、綿糸、綿布などの集散地である。またクルミ、クリ、茶、ツバキなどを産し、水稲作のほか葉タバコの生産も多い。石炭が埋蔵されていることでも知られる。市域北東境を成昆(せいこん)鉄道が走る。郊外の万家(ばんかは)には春秋戦国時代の墓群がある。[青木千枝子・河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楚雄の関連キーワード雲南省衡山滇池金沙汰間が延びる臨淄生延びる落延びる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone