コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンチャーヤト panchāyat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンチャーヤト
panchāyat

インドに古くから存在する村落カースト,地域社会などの自治的な司法・行政制度。パンチ panchともいわれ,語源的には5 (panch) 人から成っていたことが推測されるが,実際には人数は定まっていなかった。村落,カースト,地域社会などの内部で起った紛争,小犯罪などを自治的に裁き,執行して社会秩序を維持する機能を果した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンチャーヤト
ぱんちゃーやと
Panchyat

インドで古くから知られた一種の自治組織。五(パンチュ)という数字から派生したものであることから、「五人委員会」などとも訳される。村落共同体、カースト共同体、手工業者団体、商人団体など各種の団体は、それぞれのパンチャーヤトをもっていた。パンチャーヤトは多くの場合、集団構成員全員の参加する集会の形をとった。インド独立後は地方自治体の最末端単位がパンチャーヤトと称されるようになり、地方自治がパンチャーヤト・ラージなどと表現されている。[小谷汪之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

パンチャーヤトの関連キーワード国民民主党[ネパール]ネパール会議派マヘーンドラネパールコイララ

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android