コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パンツィーニ パンツィーニ Panzini, Alfredo

3件 の用語解説(パンツィーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パンツィーニ
パンツィーニ
Panzini, Alfredo

[生]1863.12.31. セニガッリア
[没]1939.4.10. ローマ
イタリアの小説家,評論家。カルドゥッチの強い影響を受け,古典主義的な世界を作品に定着しようとした。主著『ディオゲネスの提灯』 La lanterna di Diogene (1907) ,『サンティッペ』 Santippe (13) ,『妻を求む』 Io cerco moglie (20) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

パンツィーニ【Alfredo Panzini】

1863‐1939
イタリアの小説家,評論家。カルドゥッチ門下生。時代の過渡期に生きる保守的な古典主義者として,近代文明への嫌悪と過去の牧歌的世界への憧憬とを,風刺の利いた典雅な美文で表現し,世評を集めた。ファシズム下の晩年,学士院会員に選ばれる。代表作は自転車旅行の見聞を日記風に綴った《ディオゲネスのランプ》(1907)。ほかに《現代語辞典》(1905)が特筆される。【林 和宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パンツィーニ
ぱんつぃーに
Alfredo Panzini
(1863―1939)

イタリアの小説家、評論家。カルドゥッチの門下生。時代の過渡期に生きる保守的な古典主義者として、近代社会への不信と、過去の牧歌的世界への憧憬(しょうけい)とを、風刺の利いた典雅な美文で表現し、人気を博した。ファシズム治下の晩年、学士院会員に任命される。代表作は、自転車旅行の見聞を、文明批評を織り交ぜながら日記風に綴(つづ)った『ディオゲネスのランプ』(1907)。[林 和宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パンツィーニの関連キーワード苦口苦苦しいアジネッリの塔エッリアポトスカネッリベルミチェッリアッズッリフジッリコレッリの主題による変奏曲セニガリアの聖母

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone