コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーヌルル国立公園 パーヌルルコクリツコウエン

2件 の用語解説(パーヌルル国立公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

パーヌルル‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【パーヌルル国立公園】

Purnululu National Park》オーストラリア、西オーストラリア州北東部、キンバリー地方にある国立公園カナナラの南約300キロメートルに位置する。アボリジニーの言葉で「砂の岩」を意味する、バングルバングルとよばれるドーム状の岩山が並ぶ。3億5千万年前に形成された砂岩質の山脈が風化・浸食を受け、独特な自然景観になったと考えられている。2003年に世界遺産自然遺産)に登録された。パヌルル国立公園。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解の解説

パーヌルルこくりつこうえん【パーヌルル国立公園】

2003年に登録されたオーストラリアの世界遺産(自然遺産)で、西オーストラリア州東キンバリー地区に位置する。古来、先住民族アボリジニが「パーヌルル(砂岩)」と呼んできたこの奇岩群は、デボン紀石英砂岩を含んだ岩石が浸食されて縞模様の岩山となったもので、2400km2の範囲にわたって広がっている。その中心がバングル・バングル山脈という秘境で、灰色とオレンジ色の縞模様をした蜂の巣状や円錐形の奇岩が圧倒的な景観を見せる。このような、自然の営みが育んだ景観が評価されて、世界遺産に登録された。◇英名はPurnululu National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パーヌルル国立公園の関連キーワードオーストラリア区オーストラリア亜区オーストラリアンバロット西オーストラリア南オーストラリアオーストラリア首都特別地域オーストラリア室内管弦楽団オーストラリアのゴンドワナ雨林シドニー-オペラハウス西オーストラリアのシャーク湾

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone