ヒカゲミツバ(読み)ひかげみつば

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒカゲミツバ
ひかげみつば / 日陰三葉
[学]Spuriopimpinella nikoensis (Yabe) Kitag.

セリ科の多年草。茎は高さ30~80センチメートル。同属のカノツメソウに似るが、葉はつねに2回3出の複葉で、質は薄く、両面に毛がある。8~9月、白色花を開く。果実は球形、光沢がある。深山の木陰に生え、本州から九州、および朝鮮半島に分布する。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒカゲミツバの言及

【カノツメソウ】より

…若芽は食べられる。ヒカゲミツバS.nikoensis (Yabe) Kitagawaは葉がやや軟らかく,表面全体に粗い毛がまばらに生えている。関東以西の日本と朝鮮半島に分布する。…

※「ヒカゲミツバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android