コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒゲガニ ヒゲガニ Jonas distincta

2件 の用語解説(ヒゲガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒゲガニ
ヒゲガニ
Jonas distincta

軟甲綱十脚目ヒゲガニ科 Corystidae。甲長 4cm内外。淡赤色の地に濃紅赤色の小顆粒が数個集まった顆粒が散在している。甲は前方にやや開いた縦長の楕円形で,側縁に前から後ろへ順次小さくなる 10個の棘状歯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒゲガニ
ひげがに / 鬚蟹
[学]Jonas distincta

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目ヒゲガニ科に属する海産動物。日本固有種で、相模(さがみ)湾より九州までの水深30~100メートルの砂底にすみ、砂に潜って第1触角を左右あわせて呼吸水を取り入れる。甲長4センチメートル、甲幅2.5センチメートルほどの楕円(だえん)形で、側縁に10本の突起があるが、後方のものほど小さい。甲面の小顆粒(かりゅう)の集まりは濃赤色、ほかは淡紅色。浅海にすむタマヒゲガニGomeza bicornisは甲が卵形で、前後左右に強く湾曲する。また、水深70~500メートルの泥底には日本固有種のトビヒゲガニPodocatactes hamiferが普通である。第1触角はあまり長くない。額(がく)は突出して先端が3歯に分かれている。はさみ脚(あし)は左右で大きさが異なる。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒゲガニの関連キーワード軟甲類旭蟹岩蟹蝲蛄猿猴蟹扇蟹拳蟹精進蟹鬚蟹柔蟹

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒゲガニの関連情報