コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒゲダイ ヒゲダイ Hapalogenys nigripinnis

2件 の用語解説(ヒゲダイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒゲダイ
ヒゲダイ
Hapalogenys nigripinnis

スズキ目イサキ科の海水魚。全長 40cm内外。体は側扁し体高が高く,背側が丸くなり,いわゆるタイ形をしている。吻の先端部は鱗がなく裸出しており,下顎にひげ状の皮質突起が数多くある。体は灰黒色で,やや濃色の不明瞭な横帯がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒゲダイ
ひげだい / 鬚鯛
[学]Hapalogenys nigripinnis

硬骨魚綱スズキ目イサキ科に属する海水魚。東京湾以南の南日本、東シナ海に分布する。体は高くて側扁(そくへん)する。吻(ふん)は長くてとがる。両顎(りょうがく)に絨毛(じゅうもう)状歯がある。下顎腹面に三対の小孔と長いひげが密生している。ヒゲダイの名の由来である。背びれ中央部が深く欠刻する。尾びれ後縁は丸い。全長約40センチ。体は灰黒色で、2条の非常に不明瞭(ふめいりょう)な斜走黒帯がある。各ひれは黒く、ことに腹びれは真黒色。底引網や定置網で漁獲される。刺身、塩焼き、煮つけなどに賞味される。近縁種にセトダイ、ヒゲソリダイなどがある。[赤崎正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒゲダイの関連キーワード赤羽太赤鯥疣鯛琴引胡麻鯖縞伊佐木葉血引伊佐木梶木真梶木

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒゲダイの関連情報