コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒゲダイ Hapalogenys nigripinnis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒゲダイ
Hapalogenys nigripinnis

スズキ目イサキ科の海水魚。全長 40cm内外。体は側扁し体高が高く,背側が丸くなり,いわゆるタイ形をしている。吻の先端部は鱗がなく裸出しており,下顎にひげ状の皮質突起が数多くある。体は灰黒色で,やや濃色の不明瞭な横帯がある。本州中部以南に分布する。食用魚。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒゲダイ
ひげだい / 鬚鯛
[学]Hapalogenys nigripinnis

硬骨魚綱スズキ目イサキ科に属する海水魚。東京湾以南の南日本、東シナ海に分布する。体は高くて側扁(そくへん)する。吻(ふん)は長くてとがる。両顎(りょうがく)に絨毛(じゅうもう)状歯がある。下顎腹面に三対の小孔と長いひげが密生している。ヒゲダイの名の由来である。背びれ中央部が深く欠刻する。尾びれ後縁は丸い。全長約40センチ。体は灰黒色で、2条の非常に不明瞭(ふめいりょう)な斜走黒帯がある。各ひれは黒く、ことに腹びれは真黒色。底引網や定置網で漁獲される。刺身、塩焼き、煮つけなどに賞味される。近縁種にセトダイ、ヒゲソリダイなどがある。[赤崎正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ヒゲダイの関連キーワードヒゲソリダイ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android