コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒッペル Hippel, Theodor Gottlieb von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒッペル
Hippel, Theodor Gottlieb von

[生]1741.1.31. ゲルダウエン
[没]1796.4.23. ケーニヒスベルク
ドイツの作家。ケーニヒスベルク大学で学び,1780年同市の市長となる。イギリスの作家 L.スターンの影響を受け,その作風は抒情的で感傷的な要素と哲学的で教訓的,しかもユーモアのある要素とが結び合っている。またカントの友人でもあり,ジャン・パウルや E. T. A.ホフマンにも大きな影響を与えた。喜劇『きちょうめんな男』 Der Mann nach der Uhr (1765) ,自伝的小説『直系三代の経歴』 Lebensläufe nach aufsteigender Linie (4巻,78~81) ,エッセー『結婚について』 Über die Ehe (74) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒッペルの関連キーワードジョン・ワーナー カーン神経皮膚症候群小脳血管芽腫母斑症超人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒッペルの関連情報