コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒッポリツス Hippolytus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒッポリツス
Hippolytus

[生]165頃
[没]235頃.サルジニア
対立教皇(在位 217/218~235)。殉教者,聖人。ギリシア教父。エイレナイオスの弟子。モナルキアニズム論争の渦中にあって,教皇ゼフィリヌスカリクスツス1世を聖父受難説として攻撃。217年カリクスツス1世が教皇になると,信奉者に推されて対立教皇となった。235年,ときの教皇ポンチアヌスとともに迫害を受け,サルジニアに追放されて,両者は和解。神は唯一であるが,内にことばと知恵を含む複数性をもち,創造においてことばを外化し,それは受肉によって聖子になると主張,二神論者との非難を受けた。道徳的には厳格主義者であり,至福千年説を支持。主著『哲学的思想』Philosophumenaはあらゆる異端説を取り上げ,それらが異教哲学に由来することを証明。『使徒聖伝』Apostolikē Paradosisは当時の教会法を成文化したもので,のちの改訂版『ヒッポリツス法令集』Canons of St. Hippolytusが現存。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒッポリツスの関連キーワードアンブロシウスグノーシス派

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android