コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトエグサ(一重草) ヒトエグサgreen laver

世界大百科事典 第2版の解説

ヒトエグサ【ヒトエグサ(一重草) green laver】

1層の細胞から体ができている膜状の緑藻で,関東以南の暖海域に広く分布するヒトエグサ科の海藻(イラスト)。冬から春に潮間帯上部の岩上に生育し,とくに内湾などの波の静かなところでは体は大きくなり,大きい群落をつくる。体形はほぼ円形で,大きさは4~10cm,またはそれ以上になり,生長するにつれて,しわや裂け目ができる。似た種類のヒロハノヒトエグサM.latissimum (Kütz.) Wittr.は日本中部沿岸や瀬戸内海などに分布し,体は薄くて,より大型となり,また穴があくことが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android