コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトツクラゲ ヒトツクラゲ Muggiaea atlantica

3件 の用語解説(ヒトツクラゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトツクラゲ
ヒトツクラゲ
Muggiaea atlantica

刺胞動物門ヒドロ虫綱管クラゲフタツクラゲ科。体は高さ 4mmほどの五角錐状の泳鐘部とその下方に伸びる幹とからなる。泳鐘部はほぼ透明で,幹は淡黄褐色。幹は保護葉,栄養体,触手,生殖体からなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒトツクラゲ【Muggiaea atlantica】

ヒドロ虫綱ヒトツクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。外洋表層性のプランクトンで,本州の太平洋沿岸にふつうで,とくに冬季に多く見られる。体は,高さ4mmほどの五角錐状の泳鐘(えいしよう)と,その下にのびる幹からなる。泳鐘はほぼ透明で,大きな泳囊と円筒状の体囊とをもっている。下方に鐘状の幹室があって,淡黄褐色の幹群を生じ,幹群は保護葉,栄養体,触手,生殖体よりなる。近縁種のネジレクラゲM.spiralisは五角錐形の泳鐘がねじれ,各稜線の下半分に鋸歯状突起がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトツクラゲ
ひとつくらげ / 一水母
[学]Muggiaea atlantica

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱管(くだ)クラゲ目ヒトツクラゲ科に属するクラゲ。体の大部分は細長い五角錐(すい)形の泳鐘で、その基部から細長い幹が垂れ下がっている。泳鐘は長さ約4ミリメートル、内部に泳嚢(えいのう)とよばれる広い腔所がある。泳鐘の一側に細長い円筒形の縦の体嚢があり、その下端は幹室に続き、そこから幹が生じている。幹の上には保護葉、栄養体、触手、生殖体などよりなる幹群が連なる。幹および幹群は淡黄褐色である。世界の温帯から亜熱帯の海に広く分布しており、日本の沿岸でも普通で、とくに冬に多い。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒトツクラゲの関連キーワードエダアシクラゲギンカクラゲ腔腸動物ヒドロ虫類ヨウラククラゲ鰹の烏帽子管水母真水水母クラゲ(水母)ヒドロ虫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone