コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトツボクロ Tipularia japonica Matsum.

世界大百科事典 第2版の解説

ヒトツボクロ【Tipularia japonica Matsum.】

暖温帯の林床に生えるラン科の多年草。地下に数個の偽球茎があり,連なる。偽球茎の腋芽(えきが)は秋に新葉を1枚展開し,越冬するが,夏には枯れる。茎の基部は肥厚し,新偽球茎となる。5cmくらいの葉柄があり,葉身は狭卵形で,裏面は紅紫色を帯び,長さ3~6cm。5~6月,高さ20cm前後の花茎を頂生し,10個くらいの花をつける。花は紫褐色を帯びた淡黄緑色で,下向きに咲き,径約7mm。花弁と萼片は広線形で平開し,唇弁は3裂し,側裂片は小さい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトツボクロ
ひとつぼくろ
[学]Tipularia japonica Matsum.

ラン科の多年草。地下の偽球茎は数珠(じゅず)状に連なり、いちばん先端の偽球茎から1葉と1花茎を出す。葉は長さ3~7センチメートルの葉柄があり、狭披針(きょうひしん)形で長さ4~7センチメートル、裏面は紫色を帯びる。花茎は高さ20~30センチメートル。5~6月、黄褐色花を10個ほど、まばらに下向きに開く。花冠は径約5ミリメートル、同長の細長い距(きょ)がある。温帯の林床に生え、本州から九州、および朝鮮半島南部に分布する。名の由来は明らかでないが、シュンランを別名ホクロというので、それと関係があるのではないかといわれる。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone