コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトツボクロ Tipularia japonica Matsum.

2件 の用語解説(ヒトツボクロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒトツボクロ【Tipularia japonica Matsum.】

暖温帯の林床に生えるラン科の多年草。地下に数個の偽球茎があり,連なる。偽球茎の腋芽(えきが)は秋に新葉を1枚展開し,越冬するが,夏には枯れる。茎の基部は肥厚し,新偽球茎となる。5cmくらいの葉柄があり,葉身は狭卵形で,裏面は紅紫色を帯び,長さ3~6cm。5~6月,高さ20cm前後の花茎を頂生し,10個くらいの花をつける。花は紫褐色を帯びた淡黄緑色で,下向きに咲き,径約7mm。花弁と萼片は広線形で平開し,唇弁は3裂し,側裂片は小さい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒトツボクロ
ひとつぼくろ
[学]Tipularia japonica Matsum.

ラン科の多年草。地下の偽球茎は数珠(じゅず)状に連なり、いちばん先端の偽球茎から1葉と1花茎を出す。葉は長さ3~7センチメートルの葉柄があり、狭披針(きょうひしん)形で長さ4~7センチメートル、裏面は紫色を帯びる。花茎は高さ20~30センチメートル。5~6月、黄褐色花を10個ほど、まばらに下向きに開く。花冠は径約5ミリメートル、同長の細長い距(きょ)がある。温帯の林床に生え、本州から九州、および朝鮮半島南部に分布する。名の由来は明らかでないが、シュンランを別名ホクロというので、それと関係があるのではないかといわれる。[井上 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒトツボクロの関連キーワード羽蝶蘭銀蘭雲切草采配蘭暖温帯無葉蘭鴎蘭小一葉蘭蜻蛉草深山鶉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone