コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメネス・デ・シスネロス Jiménez de Cisneros, Francisco

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメネス・デ・シスネロス
Jiménez de Cisneros, Francisco

[生]1436. トレラグナス
[没]1517.11.8. ロア
スペインの政治家,フランシスコ修道会士。 1492年イサベル1世の聴罪師となったのを契機にスペインの政治に関係をもつようになった。 95年トレド大司教に就任。グラナダ王国征服後のムーア人に対する改宗強制を主張,その結果ムーア人の反乱 (1499~1500) を招いた。 99年タラベラ大司教,1507年には枢機卿となり,同時にカスティリア=レオンの大審問官となった。また精神の健康を失った女王フアナ・ラ・ロカの後見もつとめ,フアナの夫フェリペ1世 (美麗王) の死後,摂政をつとめた。フェルナンド2世 (カトリック王) のアフリカ遠征に際してはオラン征服に功を立てた (09) 。アルカラ大学を創立 (10) ,そこから最初の多国語対訳聖書を刊行した。 16年フェルナンド2世が没し,遺命で彼はカルロス1世 (神聖ローマ皇帝カルル5世 ) の摂政となり,首都をマドリードに移した。 17年カルロス1世が生育地ネーデルラントからスペインに移ると同時に罷免された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒメネス・デ・シスネロスの関連キーワードフェルナンド2世(カトリック王)アルカラデエナレスアルカラ大学カトリック王ステファヌスフェルナンドモリスコ遺命

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android