ヒュパチア(英語表記)Hypatia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュパチア
Hypatia

[生]370頃.アレクサンドリア
[没]415. アレクサンドリア
アレクサンドリアの新プラトン派の代表的哲学者。アレクサンドリアの数学と天文学の学者であったテオンの娘。プラトン,アリストテレスらについて講義したといわれるが,異教の宣布者としてキリスト教徒に惨殺された。プトレマイスの司教となったキュレネのシュネシオスは彼女の最も著名な弟子。『スイダス』にいくつかの数学,天文学的著作の表題があるが,いずれも残存していない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android