コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュパチア Hypatia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュパチア
Hypatia

[生]370頃.アレクサンドリア
[没]415. アレクサンドリア
アレクサンドリアの新プラトン派の代表的哲学者。アレクサンドリアの数学と天文学の学者であったテオンの娘。プラトン,アリストテレスらについて講義したといわれるが,異教の宣布者としてキリスト教徒に惨殺された。プトレマイスの司教となったキュレネのシュネシオスは彼女の最も著名な弟子。『スイダス』にいくつかの数学,天文学的著作の表題があるが,いずれも残存していない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒュパチアの関連キーワードプトレマイス

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android