コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラメ筋 ヒラメきん soleus

2件 の用語解説(ヒラメ筋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラメ筋
ヒラメきん
soleus

腓腹筋とともに下腿三頭筋を構成する筋肉。腓骨頭と腓骨後面,脛骨のヒラメ筋線と内側縁,およびこの両者の起始部の間に張る腱弓から起り,幅の広い厚い腱板をつくり,腓腹筋とともにアキレス腱につながる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラメ筋
ひらめきん

ふくらはぎを形成する下腿三頭筋(かたいさんとうきん)のうち、深層にある筋をいい、魚のヒラメ様に扁平(へんぺい)広大な筋腹をもつのが特徴とされている。浅層には腓腹筋(ひふくきん)が重なっている。ヒラメ筋は、腓腹筋の下方で腱(けん)に移行するあたりの両側にわずかに露出している。ヒラメ筋の起始部は下腿骨頭付近から1本の腱で始まるが、下方は腓腹筋の腱と合して踵骨腱(しょうこつけん)(通称アキレス腱とよぶ)をつくる。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒラメ筋の関連キーワードアキレス腱下腿三頭筋腓腹筋前頭筋腹筋を縒る腓腹筋痙攣平目筋下腿筋下腿三頭筋断裂ふくらはぎ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒラメ筋の関連情報