コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラメ筋 ヒラメきんsoleus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラメ筋
ヒラメきん
soleus

腓腹筋とともに下腿三頭筋を構成する筋肉。腓骨頭と腓骨後面,脛骨のヒラメ筋線と内側縁,およびこの両者の起始部の間に張る腱弓から起り,幅の広い厚い腱板をつくり,腓腹筋とともにアキレス腱につながる。直立したときに下腿をうしろに引いて支える。代表的な赤筋で,主として姿勢の保持にあたるといわれ,脛骨神経の支配を受ける。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒラメ筋
ひらめきん

ふくらはぎを形成する下腿三頭筋(かたいさんとうきん)のうち、深層にある筋をいい、魚のヒラメ様に扁平(へんぺい)広大な筋腹をもつのが特徴とされている。浅層には腓腹筋(ひふくきん)が重なっている。ヒラメ筋は、腓腹筋の下方で腱(けん)に移行するあたりの両側にわずかに露出している。ヒラメ筋の起始部は下腿骨頭付近から1本の腱で始まるが、下方は腓腹筋の腱と合して踵骨腱(しょうこつけん)(通称アキレス腱とよぶ)をつくる。[嶋井和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒラメ筋の関連情報