脛骨神経(読み)けいこつしんけい(英語表記)tibial nerve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脛骨神経
けいこつしんけい
tibial nerve

膝窩の上方で坐骨神経から分れ,膝窩動・静脈の後側に沿って下り,くるぶし後方で足底神経に分れる。下腿後側の筋肉や足底の筋肉群の一部を支配する。脛骨神経は深部を走っているため,外傷の際に損傷を受けることは比較的少いが,膝窩部で傷害を受けて坐骨神経麻痺の症状が現れることがある。これを脛骨神経麻痺という。支配下の筋肉が麻痺して,足関節や足指の底側への屈曲が不可能になり,鉤足の状態となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android