コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンクマール Hinkmar

世界大百科事典 第2版の解説

ヒンクマール【Hinkmar】

806ころ‐882
ランス大司教(845‐882)。フランス語ではHincmar。その性狷介で教皇や王の管区内への介入を排し,大司教の権威の絶対化に努め,かつ成功した。彼はロタール派の前任者エボEbo(?‐851)の罷免の後に選出されたため,とくにエボの復位の試みを妨げ,エボの叙任によって所属司教となった者の叙任を取り消し,彼の甥のラン司教ヒンクマールをも,大司教に対する不服従のゆえに罷免した(871)。西フランク王カール2世禿頭王には概して忠誠であったが,王のあらゆる介入を拒否し,しかもその宮廷を牛耳った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒンクマールの関連キーワードルイ3世マリヌス1世三大都市圏オレーグヨハネス8世ステファヌス5世(6世)ヒンクマル香取神宮桓武天皇桓武天皇

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android