コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビアダーナ ビアダーナ Viadana, Lodovico Grossi da

2件 の用語解説(ビアダーナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビアダーナ
ビアダーナ
Viadana, Lodovico Grossi da

[生]1564頃.ビアダーナ
[没]1645.5.2. ガルティエリ
イタリアの作曲家。ポルタに学び,1594~1609年マントバ大聖堂楽長をつとめた。 1596年フランシスコ派の修道僧となり,多くの教会音楽を作曲。主要作品『100曲の教会コンチェルト』 (1602) は,オルガン伴奏による1声または2声以上の独唱者のためのモテトで,歴史上初めて通奏低音を導入した曲集として名高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビアダーナ
びあだーな
Lodovico Viadana
(1560ころ―1627)

イタリアの作曲家。通奏低音の創始者とされることが多いが、正しいとはいえない。作品では教会コンチェルト様式が重要。マントバ近郊ビアダーナに生まれ、マントバ大聖堂楽長を経てファーノの教会楽長を務め、ベネチアで活躍したが、ふたたびマントバに戻り、1627年5月2日グァルティエリで世を去っている。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビアダーナの関連キーワードアダージョグアダルキビル川サルダーナアダージェットアダジオマディーナ仮面ライダーエターナル仮面ライダーなでしこブラックアダービアダーナ,L.da

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone