コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通奏低音 つうそうていおんthoroughbass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通奏低音
つうそうていおん
thoroughbass

音楽用語。バロック時代の西洋音楽に特有な低声部の形態。「数字付き低音」「ゲネラル・バス」「バッソ・コンティヌオ」などとも呼ばれる。低声部の下につけられた数字などの略記号に従って,鍵盤奏者やリュート奏者が即興的に和声を充填しながら伴奏していく。すでに 16世紀後半の宗教声楽曲のオルガン伴奏にその萌芽がみられるが,17世紀初めモノディの創始者たちによってそのシステムが考え出されてから広く用いられるようになった。バロック後期になってから奏者に伴奏部を一任することをやめ,作曲者が伴奏形も完全に記譜する傾向が現れるようになり,18世紀後半には通奏低音は次第に姿を消していった。通奏低音の使用はちょうどバロック時代全体に及ぶ大きな特色の一つで,それゆえに H.リーマンはバロック時代を「通奏低音時代」と名づけている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つうそう‐ていおん【通奏低音】

《〈イタリア〉basso continuo/〈ドイツ〉Generalbaßバロック音楽の演奏で、チェンバロなどの奏者が低音旋律和音を示す数字に基づいて即興的に和音を補いながら伴奏部を弾くこと。また、その低音部。数字付き低音。バッソコンティヌオゲネラルバス
常に底流としてある、考えや主張のたとえ。「平和への願いがこの本の通奏低音となっている」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

通奏低音【つうそうていおん】

1600年−1750年ころの西洋音楽における2声部以上の合奏の低音部。ゲネラルバスGeneral bass,バッソ・コンティヌオbasso continuoともいう。
→関連項目オペラ偶然性の音楽古典派音楽コレリソナタマドリガルルクレール和声

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つうそうていおん【通奏低音 basso continuo[イタリア]】

17世紀初めから18世紀の中ごろまで,いわゆるバロック音楽で用いられたアンサンブルの支えとしての低音。記譜上の形態は,1本の低音の旋律線に数字(および半音変化の記号)を付けて示したので,数字付低音とも呼ばれる。演奏に当たっては,一般にハーモニーを演奏できる楽器(ハープシコード,オルガン,リュート属の楽器,ハープなど)と低音用の旋律楽器(ビオラ・ダ・ガンバ,チェロ,ビオローネコントラバスファゴットなど)を重複する形をとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

つうそうていおん【通奏低音】

与えられた数字付きの低音の上に即興で和音を補いながら伴奏声部を完成させる技法。ヨーロッパの一七、八世紀(バロック時代)に広く用いられた。数字付きバス。
(比喩的に)表面にはあらわれないが一貫してその物事に影響を及ぼし続けている要素。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通奏低音
つうそうていおん
Generalbassドイツ語
thorough-bass英語
basse continueフランス語
basso continuoイタリア語

音楽用語。西洋のバロック音楽で使用された記譜法の一種。16世紀の終わりから18世紀前半にかけての約150年間、作曲家は楽曲の作曲に際して旋律と低音だけを書き記した。その低音は一つまたはそれ以上の通奏の楽器(オルガン、チェンバロ、キタローネ、リュートなど)で演奏されるが、伴奏者(鍵盤(けんばん)楽器奏者やリュート奏者)は、そのとき単に低音旋律を奏するのでなく、それに基づいて和音を即興的に補足しながら演奏しなければならなかった。その和音は、たいていの場合、基本位置にある普通の三和音であるが、そのほか第一転回形、第二転回形、あるいは繋留(けいりゅう)音のような非和声音などを含む和音も多くみられた。音階固有の三和音の基本位置は原則として数字がないが、それ以外の場合、作曲家は低音の音符の上または下に、低音からの音程を示す小さな数字や変化記号(♯、♭、)を付加することによりこれを指示した。たとえば、第一転回形は6(正確にはだが、3は通常省略される)、第二転回形はで示され、数字を伴わない変化記号は三和音のなかの三度音の半音変化を、また数字の横につけられた変化記号は低音からその音程にある音の半音変化を示した。
 通奏低音による書法が好んで用いられた第一の理由は、記譜法上の手間を省くことであったが、そのほか、当時和声的伴奏楽器としてチェンバロとリュート属の楽器とが混用されていたので、それぞれ独自の技巧と伴奏形態のためには、この書法がもっとも便利であったためでもある。
 もっとも、数字が付加されないこともしばしばあり、通奏低音の具現化(リアリゼーション)は、演奏者の趣味と技量に負うところが大であった。すなわち、演奏者は、初期の通奏低音伴奏にみられるように、他声部の和声的強化を目的として単純な和音だけを弾いてもよかったし、あるいは、17世紀後半以降のように、伴奏部分にも独立性をもたせ、高音部の旋律の模倣的動機を導入してもよかった。ポリフォニーの栄えたドイツでは、18世紀前半にその全盛をみせるが、18世紀後半ごろから音楽がしだいにホモフォニー化していくのに伴い、バロック音楽の基礎であった通奏低音は、その新しい様式のなかに解消されていった。[黒坂俊昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の通奏低音の言及

【イタリア音楽】より


[バロック]
 1580年代のフィレンツェで,一群の貴族と文学者と音楽家がカメラータ(同志の意)と自称したアカデミアに結集し,古代ギリシアの音楽のあり方を探りつつ,ギリシア悲劇を復興しようとする運動を起こした。その結果,オペラが生まれ,バロック様式のひとつの基礎となった通奏低音伴奏の独唱歌が生み出された。カメラータのリヌッチーニOttavio Rinuccini(1562‐1621)の台本,ペーリの作曲による《エウリディーチェ》(1600)は,今日まで伝えられた最古のオペラである。…

【バロック音楽】より

…具体的な表現手段に目を注ぐなら,本来異質的な響きのメディアである声と楽器の結合,二重合唱における明と暗の音色的対比,独奏(唱)と合奏(唱)の機能上の対比,強と弱(ディナーミク)の音響レベルの対置,抒情的アリアと言葉に重点をおいたレチタティーボの対比,拍節感の強い部分と無拍節の部分の併置などが挙げられるが,これらの諸要素はしばしば手を携えて芸術的な効果をあげてゆくのである。(2)通奏低音の時代 バロック音楽の顕著な形態上の特色に,通奏低音がある。かつて音楽史家リーマンが〈通奏低音の時代〉と呼んだように,バロック音楽は通奏低音とともに始まり,通奏低音とともに終わったといっても過言ではない。…

※「通奏低音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

通奏低音の関連キーワードバッハ:フーガ イ長調(アルビノーニの主題による)/piano solo四季(ビバルディの作品)エルンスト ペッピングフリッツ ノイマイヤーポジティブ・オルガンジョージ マルコムベイロン・ラクロアビターリ(父子)トン コープマン和声と創意の試みレチタティーボモンテベルディトリオ・ソナタ音楽の捧げものトリオ・ソナタオブリガートパッヘルベル悪魔のトリルホモフォニー室内管弦楽団

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通奏低音の関連情報