コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビアンデン城 ビアンデンジョウ

2件 の用語解説(ビアンデン城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビアンデン‐じょう〔‐ジヤウ〕【ビアンデン城】

Château de Viandenルクセンブルク大公国、ドイツ国境沿いの町、ビアンデンにある城。11世紀にビアンデン伯爵が領主となり、後にルクセンブルク大公の祖であるナッサウ家に引き継がれた。1970年代に修復され、中世の面影を色濃く残す現在の姿になった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ビアンデンじょう【ビアンデン城】

ルクセンブルクの北東部、ドイツ国境近くの、ウール川の両岸にひらけたビアンデンの町の高台に建つ古城。ルクセンブルクを代表する古城である。この地には、すでにローマ帝国統治時代に城郭が築かれていたといわれるが、11世紀には、当時大きな勢力を持っていたビアンデン伯爵家の所有の城となり、現在のロマネスク様式の城郭が築かれた。その後、現在のルクセンブルク大公の祖先のオラニエ・ナッサウ(Oranje Nassau)家の所有する城となって、現在に至っている。荒廃していたが、改修が行われ、城内には鎧や槍などの武器が展示されている。大公家が外国の賓客をもてなす際にも使用されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

ビアンデン城の関連キーワードシャトーイフ城カーン城カン城サンスーシ宮殿シノン城シヨン城ブロア城ブロワ城ベーブ城

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone