コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビアンデン城 ビアンデンジョウ

デジタル大辞泉の解説

ビアンデン‐じょう〔‐ジヤウ〕【ビアンデン城】

Château de Viandenルクセンブルク大公国、ドイツ国境沿いの町、ビアンデンにある城。11世紀にビアンデン伯爵が領主となり、後にルクセンブルク大公の祖であるナッサウ家に引き継がれた。1970年代に修復され、中世の面影を色濃く残す現在の姿になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ビアンデンじょう【ビアンデン城】

ルクセンブルクの北東部、ドイツ国境近くの、ウール川の両岸にひらけたビアンデンの町の高台に建つ古城。ルクセンブルクを代表する古城である。この地には、すでにローマ帝国統治時代に城郭が築かれていたといわれるが、11世紀には、当時大きな勢力を持っていたビアンデン伯爵家の所有の城となり、現在のロマネスク様式の城郭が築かれた。その後、現在のルクセンブルク大公の祖先のオラニエ・ナッサウ(Oranje Nassau)家の所有する城となって、現在に至っている。荒廃していたが、改修が行われ、城内には鎧や槍などの武器が展示されている。大公家が外国の賓客をもてなす際にも使用されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ビアンデン城の関連キーワードシャトーサンスーシ宮殿アンヌボア城クレルボー城シヨン城フレイエル城ベーブ城ボーフォール城モダーブ城ラボーサンタンヌ城

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android