コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャトー シャトー 〈フランス〉château

6件 の用語解説(シャトーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シャトー(〈フランス〉château)

城。宮殿。また、館(やかた)。大邸宅。
フランスで、ワインを醸造・貯蔵する建物のあるブドウ園。もと、ボルドー地方で、荘園の所有するブドウ畑をいったもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

シャトー

シャトーブリアン」の略。⇒シャトーブリアン

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シャトー【château】

フランス語で城を意味する言葉であるが,中世の実戦向きの防御施設を備えた城砦château fortが15~16世紀に発展して居住性の高い宮殿的性格をもつ城館château de plaisanceになったものを一般にこう呼ぶ。フランスのロアール川流域には,城砦のタイプと城館のタイプがともに見られる。フランス以外の諸国の貴族の邸館一般に対しても,シャトーという呼称が用いられる場合もある。【鈴木 博之】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シャトー【château】

城。宮殿。
大邸宅。
西洋料理で、野菜の切り方の一。ニンジン・ジャガイモなどを長さ5センチメートルほどの卵形または櫛くし形に切り、面取りをしたもの。
フランスのボルドー地方で、ワインの醸造場や貯蔵庫を備えた広大な葡萄園。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

シャトー【château(フランス)】


フランス料理で、野菜の切り方の一つ。じゃがいもにんじんなどを細長く切り、面取りして樽(たる)型に整形する。
➁フランスのボルドー地方で、ぶどう園と醸造設備を持ち、ぶどう作りからワイン作りまでを一貫して行っているワインの醸造所。「シャトーマルゴー」のように、シャトー名がワインの銘柄であることも多い。特にフランスボルドー地方でいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャトー
シャトー

城館」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャトーの関連キーワード城北柵・城城・磯城城下城柵城町城山町城南町小口(城)矢倉(城)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャトーの関連情報