ビクター タウスク(英語表記)Victor Tausk

20世紀西洋人名事典の解説

ビクター タウスク
Victor Tausk


1877 - 1919
オーストリアの精神分析医。
フロイトの初期の弟子の一人で、同一性、自我境界の概念を、はじめて精神分析の領域に導入したことで知られる。主著に「精神分裂病における影響機械」(1919年)などがあり、精神分析、精神病理学の統合など、精神病の精神分析的研究に貢献した。後に、フロイトと不仲になり、女流作家ザロメとの交際を経て、結婚式直前に自らの命をたった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android