ビクトリア・デ ロス・アンヘルス(英語表記)Victoria de Los Angeles

20世紀西洋人名事典の解説

ビクトリア・デ ロス・アンヘルス
Victoria de Los Angeles


1923.11.1 -
スペインのソプラノ歌手。
バルセロナ生まれ。
生地の音楽院に学ぶ間に多数の賞を受賞、1945年同地で「フィガロの結婚」の伯爵夫人役でオペラ・デビューした。’47年ジュネーブ国際音楽コンクールで優勝、翌年以降はロンドンのコベント・ガーデン王立歌劇場ミラノスカラ座など国外でも活躍、名声を高め、’65年に初来日している。’70年代以後は演奏会のみで活動。モーツァルトビゼープッチーニの他、スペインの民謡及び歌曲、フランス歌曲がレパートリーの中心。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android