コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビッグマック指数 ビッグマックシスウ

デジタル大辞泉の解説

ビッグマック‐しすう【ビッグマック指数】

Big Mac Index》各国でのビッグマック(ハンバーガーチェーンのマクドナルドで売られる大型ハンバーガー)の値段を比較した数値。英経済誌「エコノミスト」が考案した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

外国為替用語集の解説

ビッグマック指数

購買力平価の考え方に基づき、マクドナルドが世界100カ国以上で販売しているビッグマックの価格を使って算出したもの。英国の経済誌「エコノミスト」の発表が起源。購買力平価説では、為替レートで換算した場合にビッグマックが同一価格となる為替レートが適正為替レートということになる。スターバックスのラテ(ミルク入りエスプレッソコーヒー)を使ったトール・ラテ指数も「エコノミスト」で発表された。またオーストラリア・コモンウェルス銀行の株式仲買部門であるコモンウェルス証券はiPod指数を提唱している。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

ビッグマック指数の関連キーワード購買力平価

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android