コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビテーズ Antoine Vitez

2件 の用語解説(ビテーズの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビテーズ【Antoine Vitez】

1930‐90
フランスの俳優,演出家。コンセルバトアール教授。はじめパリ東洋語学校のロシア語科に学び,ロシア語,ドイツ語ギリシア語の戯曲を翻訳するようになった。ロシア生れの名女優タニア・バラショワの塾で演技を学び,マルセイユの〈日常劇団〉(1962‐63),カーンの文化会館付属劇団(1964‐67)に俳優として参加するかたわら,小説家・詩人のL.アラゴンの秘書(1960‐62)も務めた。1972年以後はパリ郊外イブリのカルティエ劇場,81年以後はシャイヨー国立劇場支配人として,古典劇(ラシーヌモリエール),現代古典(B.ブレヒト,P.クローデル),フランス現代作家(グザビエ・ポムレ,ルネ・カリスキー)など幅広いレパートリーを上演している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビテーズ
びてーず
Antoine Vitez
(1930―1990)

フランスの演出家、俳優、翻訳家。パリに生まれる。東洋語学校ロシア語科に学ぶ。多彩な語学の才能を示し、ロシア語、ギリシア語、ドイツ語、英語などの戯曲を翻訳。1962~67年、俳優としてマルセイユやカーンの劇団に参加。その後演出家として、67年のマヤコフスキー作『風呂場』、70年のレンツ作『家庭教師』、71年のソフォクレス作『エレクトラ』、72年のゲーテ作『ファウスト』、80年の『モリエール四部作』など、多彩な演目に独自な解釈による新演出を行った。81年以後シャイヨー国立劇場座長を務め1968年以来コンセルバトアールで俳優教育を実践し、「ビテーズ方式」と評価されていた。[利光哲夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビテーズの関連キーワード喜劇映画フランス映画ワールドカップ里見勝蔵スペリー熱雲映画理論カリブ文学新心理主義大衆文学

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone