コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビマーナ ビマーナ vimāna

翻訳|vimāna

3件 の用語解説(ビマーナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビマーナ
ビマーナ
vimāna

インドのヒンドゥー教ジャイナ教の寺院における本殿をいう。多くの寺院では,前方にマンダパ (拝殿) その他の施設が接続する。一般にビマーナは基壇の上に建つ堅固な石造建築で,内部にガルバグリハ (本尊を安置する室,神祠) を備え,正面に扉口を付している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビマーナ

サンスクリットで神の乗る車を意味し,転じてインド中世のジャイナ教ヒンドゥー教寺院建築における本殿背後にそびえる高塔をいう。様式は地方的に北・南・中間型に分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビマーナ【vimāna】

サンスクリットで〈神を乗せる車〉の意味から,インド寺院建築の本殿を指すようになった。ベンガルオリッサ地方では〈デウルdeul〉とも呼ぶ。その中心の主尊の祠堂をガルバ・グリハgarbha‐gṛha(〈胎の部屋〉の意)といい,通例東面し,正面にのみ入口がある。ガルバ・グリハを巡ってプラダクシナー・パタpradakṣiṇā‐paṭha(繞道(にようどう))が設けられることが多い。ビマーナの前方に接して,あるいは独立にマンダパmaṇḍapa(前殿)が建つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のビマーナの言及

【インド美術】より

…グプタ後期以降のインド建築は,大別して北型,南型,中間(南西)型に分けられる。北型はインド北半の広い地域に分布し,本殿(ビマーナ)の屋根が砲弾形の高い尖塔を形成し,カジュラーホやブバネーシュワルの諸寺がその代表である。南型の本殿の屋根はピラミッド状で,時代が下るとともに本殿よりも楼門(ゴープラム)を高くする傾向が強い。…

※「ビマーナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビマーナの関連キーワードサンスクリット劇サンスクリット語サンスクリット文学悉曇サンスクリーンクリーム古典サンスクリット古典サンスクリット文学サンスクリット化《サンスクリット大辞典》《サンスクリット文法》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone