ビマーナ(英語表記)vimāna

翻訳|vimana

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビマーナ
vimāna

インドのヒンドゥー教ジャイナ教寺院における本殿をいう。多くの寺院では,前方マンダパ (拝殿) その他の施設が接続する。一般にビマーナは基壇の上に建つ堅固な石造建築で,内部にガルバグリハ (本尊を安置する室,神祠) を備え正面に扉口を付している。北インドの寺院ではガルバグリハ屋上に砲弾状のシカラ (高塔) がそびえる。南インドの寺院では屋根が重層してピラミッド状を呈し,その上に建つシカラは比較的小さい。なお,ビマーナはこうした上部構造だけをさし,逆に本殿全体をガルバグリハと呼ぶこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビマーナ【vimāna】

サンスクリットで〈神を乗せる車〉の意味から,インド寺院建築の本殿を指すようになった。ベンガルやオリッサ地方では〈デウルdeul〉とも呼ぶ。その中心の主尊の祠堂をガルバ・グリハgarbha‐gṛha(〈の部屋〉の意)といい,通例東面し,正面にのみ入口がある。ガルバ・グリハを巡ってプラダクシナー・パタpradakṣiṇā‐paṭha(繞道(にようどう))が設けられることが多い。ビマーナの前方に接して,あるいは独立にマンダパmaṇḍapa(前殿)が建つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のビマーナの言及

【インド美術】より

…グプタ後期以降のインド建築は,大別して北型,南型,中間(南西)型に分けられる。北型はインド北半の広い地域に分布し,本殿(ビマーナ)の屋根が砲弾形の高い尖塔を形成し,カジュラーホやブバネーシュワルの諸寺がその代表である。南型の本殿の屋根はピラミッド状で,時代が下るとともに本殿よりも楼門(ゴープラム)を高くする傾向が強い。…

※「ビマーナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報