コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビョルリンク Jussi Björling

2件 の用語解説(ビョルリンクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビョルリンク【Jussi Björling】

1911‐60
スウェーデンテノール歌手。幼時から家族とともに音楽体験を積む。1928年ストックホルム王立音楽アカデミーに入学,在学中の30年にストックホルムで《ドン・ジョバンニ》のオッタビオ役を歌ってデビュー。その後,欧米各地のオペラ劇場に出演し,天性の抒情的な声と,劇的表現の確かさによって名声を得る。第2次大戦後はメトロポリタン歌劇場を中心に活躍した。レコードでは,晩年の《ラ・ボエーム》のロドルフォ役が高く評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビョルリンク
びょるりんく
Jussi Bjrling
(1911―1960)

スウェーデンのテノール歌手。父から声楽を学び、少年時代から演奏旅行をしたが、オペラ歌手としては1930年にストックホルムでデビュー。以後欧米の主要歌劇場でベルディプッチーニなどを歌い名声を博した。彼の声は、柔軟であると同時に明るい輝きをもつ高音、しなやかでありながらやせることのない弱音にとくに魅力があり、気品ある表現とともに20世紀の代表的なリリック・テノールの1人とされている。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビョルリンクの関連キーワードスウェーデン語スウェーデン体操スウェーデンボリスウェーデンリレースウェーデン刺繍スウェーデン門スウェーディッシュ・エルクハウンドスウェーディッシュ・ラップフントスウェーデンハウススウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone