コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビョルリンク Jussi Björling

世界大百科事典 第2版の解説

ビョルリンク【Jussi Björling】

1911‐60
スウェーデンのテノール歌手。幼時から家族とともに音楽体験を積む。1928年ストックホルム王立音楽アカデミーに入学,在学中の30年にストックホルムで《ドン・ジョバンニ》のオッタビオ役を歌ってデビュー。その後,欧米各地のオペラ劇場に出演し,天性の抒情的な声と,劇的表現の確かさによって名声を得る。第2次大戦後はメトロポリタン歌劇場を中心に活躍した。レコードでは,晩年の《ラ・ボエーム》のロドルフォ役が高く評価されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビョルリンク
びょるりんく
Jussi Bjrling
(1911―1960)

スウェーデンのテノール歌手。父から声楽を学び、少年時代から演奏旅行をしたが、オペラ歌手としては1930年にストックホルムでデビュー。以後欧米の主要歌劇場でベルディ、プッチーニなどを歌い名声を博した。彼の声は、柔軟であると同時に明るい輝きをもつ高音、しなやかでありながらやせることのない弱音にとくに魅力があり、気品ある表現とともに20世紀の代表的なリリック・テノールの1人とされている。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビョルリンクの関連キーワードJ. ビョルリンクドン・ジョバンニラ・ボエーム

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android