コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビランドリー城 ビランドリージョウ

デジタル大辞泉の解説

ビランドリー‐じょう〔‐ジヤウ〕【ビランドリー城】

Château de Villandry》フランス中西部、アンドレ‐エ‐ロアール県の村ビランドリーにある、16世紀に建造されたルネサンス様式の城。美しい幾何学模様の広大なフランス式庭園があることで知られる。ロアール渓谷流域の古城の一つとして、2000年、「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

ビランドリーじょう【ビランドリー城】

フランス中西部のロワール渓谷にある古城群の一つ。トゥール(Tours)近郊のコミューン、ヴィランドリー(Villandry)にある。トゥール駅から約15km、車で30分ほどの場所にある。16世紀につくられたルネサンス様式の美しい城で、幾何学(きかがく)模様のフランス式庭園を持つ城として知られる。広大な庭園は上下3層に分かれ、上から「氷の庭園」、「装飾樹林庭園」、「菜園」となっている。所有者が転々とする中、一時期、この庭園は公園に造り替えられるなどしたが、20世紀初めに、現在の所有者がかつての庭園を見事に復活させ、今日に至っている。ロワール渓谷の他の古城とともに、「シュリーシュルロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」として、世界遺産に登録されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

ビランドリー城の関連キーワードシャトーアゼールリドー城アンジェ城アンヌボア城アンボアーズ城アンボワーズ城イフ城オークニクスブール城カーン城ガイヤール城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android