コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビランドリー城 ビランドリージョウ

2件 の用語解説(ビランドリー城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビランドリー‐じょう〔‐ジヤウ〕【ビランドリー城】

Château de Villandry》フランス中西部、アンドレ‐エ‐ロアール県の村ビランドリーにある、16世紀に建造されたルネサンス様式の城。美しい幾何学模様の広大なフランス式庭園があることで知られる。ロアール渓谷流域の古城の一つとして、2000年、「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

ビランドリーじょう【ビランドリー城】

フランス中西部のロワール渓谷にある古城群の一つ。トゥール(Tours)近郊のコミューン、ヴィランドリー(Villandry)にある。トゥール駅から約15km、車で30分ほどの場所にある。16世紀につくられたルネサンス様式の美しい城で、幾何学(きかがく)模様のフランス式庭園を持つ城として知られる。広大な庭園は上下3層に分かれ、上から「氷の庭園」、「装飾樹林庭園」、「菜園」となっている。所有者が転々とする中、一時期、この庭園は公園に造り替えられるなどしたが、20世紀初めに、現在の所有者がかつての庭園を見事に復活させ、今日に至っている。ロワール渓谷の他の古城とともに、「シュリーシュルロワールとシャロンヌ間のロワール渓谷」として、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビランドリー城の関連キーワードロシュ城アゼールリドー城アンボアーズ城ソーミュール城フランスソワールブロア城ユッセ城ロアール渓谷ロワール渓谷ゴロワーズ・レジェール

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビランドリー城の関連情報