ビル マレー(英語表記)Bill Murray

20世紀西洋人名事典の解説

ビル マレー
Bill Murray


1950.9.21 -
米国の俳優
イリノイ州エヴァンストン生まれ。
即興劇団「セカンド・シティ」のオーディションを受け、同劇団のワーク・ショップに加入。1975年「ナショナル・ランプーン」誌のオフ・ブロードウェイのレヴューに出演。これを契機に、同年秋「Saturday Night Live with Howard Cosell」に出演。’77年から「サタデー・ナイト・ライヴ」のレギュラー陣に加わる。’77年同番組共同脚本でエミー賞を受賞。映画でも度はずれた無頓着男を演じる。脚本も手がけており、他に「ゴーストバスターズ」(’84年)などに出演。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

ビル マレー
Bill Murray

職業・肩書
俳優,タレント,脚本家

国籍
米国

生年月日
1950年9月21日

出生地
イリノイ州エバンストン

本名
Doyle-Murray,William

学歴
レジス・カレッジ医学部

受賞
エミー賞〔1977年〕,インディペンデント・スピリット賞(第14回)〔1999年〕「天才マックスの世界」,ゴールデン・グローブ賞(ミュージカル/コメディ部門主演男優賞,第61回,2003年度)「ロスト・イン・トランスレーション」

経歴
医師を志すが、俳優の兄ブライアン・ドイル・マレーの影響もあって俳優に転向。シカゴの即興劇団セカンド・シティを経て、1975年ABCテレビの「Saturday Night Live with Howard Cosell」に出演し、’77年NBCの「サタデー・ナイト・ライブ」のレギュラー陣「Not Ready for Prime Time Players」に加わった。お笑いタレントとして活躍。同年同番組の共同脚本でエミー賞を受賞。’79年「ミートボール」で映画デビュー後、’84年「ゴーストバスターズ」でコメディ界のスーパースターに。「剃刀の刃」(’84年)では主演のほか共同脚本も担当。’98年「天才マックスの世界」でインディペンデント・スピリット賞などを受けた他、2003年「ロスト・イン・トランスレーション」ではゴールデン・グローブ賞を受賞、アカデミー賞にもノミネートされた。他の映画出演作品に「トッツィー」(1982年)、「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」(’86年)、「3人のゴースト」(’88年)、「おつむてんてんクリニック」(’91年)、「グラウンドホッグ・デー」(’93年)、「ライフ・アクアティック」(2004年)、「ブロークン・フラワーズ」(2005年)、「リミッツ・オブ・コントロール」(2009年)、「私が愛した大統領」(2012年)、「ミケランジェロ・プロジェクト」(2013年)、「ヴィンセントが教えてくれたこと」(2014年)など。1980年女優のミッキー・ケリーと結婚したが、離婚。’94年女優のジェニファー・バトラーと再婚したが、2008年離婚した。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android