コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エミー賞 エミーしょう Emmy Awards

4件 の用語解説(エミー賞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エミー賞
エミーしょう
Emmy Awards

アメリカ放送界のテレビ部門における賞。 1949年から始った。年間最優秀テレビ作品の関係者に NATAS (アメリカテレビ芸術・科学アカデミー) が贈る。国際エミー賞もある。アメリカの放送タレントにとって受賞は最高の栄誉とされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

エミー‐しょう〔‐シヤウ〕【エミー賞】

Emmy Award》米国テレビ芸術科学アカデミーが主催する、テレビ界の賞。国内のすぐれた番組のほか、制作・放送の技術などテレビに関連する業績に対して与えられる。海外の番組を対象にした国際エミー賞もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

エミー賞【エミーしょう】

Emmy Awards。米国のテレビ番組コンクール賞。全米テレビ芸術・科学アカデミーが年間最優秀の番組,出演者,作曲者などに与える。1957年制定され,1963年から海外作品部門が加えられた。
→関連項目ニコルズフォーク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

エミー賞
えみーしょう
Emmy Awards

アメリカのテレビ番組のコンクール賞。イタリア賞と並んで世界的に有名で、テレビ界のアカデミー賞といわれる。1949年、テレビの創造・技術向上の目的で、アメリカ・テレビ芸術科学アカデミーの主催により、アメリカ国内の番組コンクールとして発足した。その後対象ジャンルを増やし、62年には国際賞も新設した。毎年5月ごろニューヨークハリウッドを中心に行われる。日本の作品では、ノンフィクション部門でサリドマイド児の13年間を追い続けたドキュメンタリー『君は明日を掴(つか)めるか――貴くんの4745日』(1975・日本テレビ)が、フィクション部門で『四季・ユートピアノ』(1980・NHK)が初受賞している。そのほか『一年生になりました――五つ子6年間の記録』(1982・NHK)、『ふつうのままで――ある障害者夫婦の日常』(1999・毎日放送)、子供・青少年部門で『課外授業ようこそ先輩――戦争を学ぶ 命を考える』(1999・NHK)なども受賞している。なおエミーの名称は、テレビカメラの撮像管の愛称イミーimmyにちなんだトロフィー像からきている。[鳥山 拡]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エミー賞の関連キーワード南北アメリカ放送連盟アメリカンTVコードラテンアメリカにおける想像と暴力アメリカ アメリカアメリカン・ヒーローアメリカン・ホラー・ストーリーエンジェルス・イン・アメリカ恋愛専科 アメリカ式愛のテクニック《アメリカにおける民主主義》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

エミー賞の関連情報