ビンケル図法(読み)びんけるずほう(英語表記)Winkel's projections

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地図投影の一種。1921年にドイツのビンケルOswald Winkel(1873―1953)が発表した世界全図に用いる3種の図法の総称。いずれも正距割円筒図法(標準緯線緯度50度28分)と、別の図法それぞれの作図座標との算術平均値を座標として作図する合成図法。別の図法について、第1図法ではサンソン図法、第2図法ではモルワイデ図法、第3図法ではエイトフ図法を用いる。第3図法は、ドイツの『ディルケ世界地図帳』旧版の世界全図にビンケル図法の名称で用いられている。

[金澤 敬]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android