コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンラディン ビンラディン Usāma bin Lādin

2件 の用語解説(ビンラディンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ビンラディン(Usāma bin Lādin)

[1957ごろ~2011]サウジアラビア出身のイスラム原理主義者。同国の財閥の家系に生まれる。アフガン侵攻では米国などの援助を受けてソ連軍と戦うが、湾岸戦争のころから反米主義に傾き、国際テロ組織アルカイダの指導者として2001年のアメリカ同時多発テロ事件を指示したとされる。2011年に潜伏先のパキスタンで米国軍などにより殺害された。ビンラーディン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビンラディン
びんらでぃん
Osama bin Muhammad bin Ladin
(1957―2011)

イスラム原理主義テロ組織アルカイダの指導者。サウジアラビア最大の建設会社サウジ・ビンラディングループ経営者の息子としてリヤドに生まれ、ジッダで育つ。キング・アブドゥル・アジズ大学に在学中、イスラム同胞団の論客に師事してから原理主義に傾注した。1979年のソ連侵攻後、アフガニスタンで始まったゲリラ戦に協力し、サウジアラビア政府の意を受けてアラブ諸国で志願兵募集や資金集めを展開。1990年にイラククウェートに侵攻すると、志願兵組織を使った防衛案をサウジアラビア政府に提案するが、政府はアメリカに頼った。そのため反サウジ・反米の運動を強めてスーダンに亡命、1996年からはアフガニスタンに移った。1992年から相次いだ中東の米軍施設の爆破事件、1998年のケニアタンザニアのアメリカ大使館爆破事件、2001年9月のアメリカ同時多発テロ事件に黒幕としてかかわったとされる。2011年5月にアメリカ政府は、パキスタンのイスラマバード郊外に潜伏中のビンラディンを殺害したと発表した。[田中 宇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビンラディンの関連キーワードケビン・レーン・ケラーエンラージメント紊乱オーディカラーカラーディスプレーベンラート城ラーズィリシーディングカラー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビンラディンの関連情報