コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラム原理主義 イスラムげんりしゅぎIslamic Fundamentalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスラム原理主義
イスラムげんりしゅぎ
Islamic Fundamentalism

イスラム世界の一部で現れた保守的な思想・政治運動。 19世紀なかば頃からキリスト教界,特にアメリカのプロテスタント世界では,聖書の内容を文字どおり解釈するなどの根本主義 fundamentalismの動きが強まったが,それとの類比から名づけられた。イスラム世界のかかえる諸矛盾を宗教的な堕落に由来するものとみなし,イスラムの原点に返ってその再生をはかるため,伝統的なイスラム法シャリーアの厳格な遵守を求めようとする。これはスンニー派でもシーア派でも共通の傾向で,ホメイニ師によるイラン革命はその典型的な表現であり,また 1929年以来続いてきたエジプトのムスリム同胞団 muslim brotherhoodもその一支流といえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

イスラム原理主義

イスラムの名を冠した政治運動を総称して原理主義と呼ぶことが多い。イスラム研究の専門家は「原理主義」という言葉を嫌い、イスラム復興運動などの表現を使う。宗教の名による急進的な政治活動はイスラムに限られているわけではない。1995年11月のイスラエルのラビン首相暗殺犯が急進的なユダヤ教徒であったように、ユダヤ教にも原理主義が存在する。宗教の政治化はキリスト教にも起こっている。社会の急速な変化が人々を宗教へ回帰させ、政治化と急進化を引き起こす事例は、特定の地域や宗教に限定されない普遍的な現象として理解することができる。イスラム世界での宗教への回帰現象の背景として、人口爆発、失業、貧困、貧富の格差の拡大、農村から都市への急激な人口の移動などの要因が挙げられる。パレスチナやカシミールにおいては、それぞれイスラエルとインドによる支配を加えることもできるだろう。しかもイスラム世界の多くの政府は、経済問題を解決する能力と意志を欠いているのが現状だ。社会的な不満を政治に吸い上げるシステムを有していない場合、自由な政治活動を通じて問題の解決を図ろうとしても政府が許さないので、やむなく宗教運動の体裁を取るという構造がある。人々が政治問題の解決をイスラムに求めるもう1つの理由は、他のすべての方法が失敗したと受け取られているからである。第2次大戦後、社会主義や共産主義、さらにはアラブの統一を求めるナセリズムなどの様々なイズム(主義)がイスラム世界で吹き荒れた。しかしどれも、国内経済を建設して大多数の国民の生活水準を引き上げるという事業には失敗し、対外的には、イスラエルを打倒することはできなかった。現在の体制が社会・経済問題を解決しない限り、イスラムの伝統への人心の回帰の流れは勢いを増すであろう。その形態は多様であるが、政治活動が許されている社会では政党活動という形をとり、イスラム政党の躍進が予想される。革命やクーデターでイスラム勢力が権力を握り、イスラム体制が樹立された例が、イランとスーダンとアフガニスタンであるが、これらの国でも、イスラムは社会や経済の問題解決のための万能薬とはなっていない。アフガニスタンのタリバーン政権は2001年に倒壊、スーダンも変化を経験している。イランでは体制内でさえ、現制度の有効性について激しい議論が戦わされている。

(高橋和夫 放送大学助教授 / 2007年)

イスラム原理主義

現代のイスラム世界を、『クルアーン』(コーラン)の教えに従ったイスラム共同体(ウンマ)の本来あるべき姿ではないとして、イスラムの原点に回帰しようとする運動。イスラム原理主義は、過激派やテロリストであるというイメージが流布しているが、これはむしろ欧米ジャーナリズムによるレッテルであり、この運動全体が必ずしも戦闘的であるわけではない。そのためイスラム研究者の中には、原理主義という言葉を避け、イスラム復興主義やイスラム主義(Islamism)という言葉を使う人もいる。また、イスラム原理主義の戦闘的な性格を表現する際に、ジハード(聖戦)という言葉がよく使われるが、もともとこの言葉は神のために努力することを意味し、「聖戦」という意味はなかった。イスラム原理主義は、18世紀にアラビア半島で起こったワッハーブ運動を始めとする復興運動の流れとして理解することができる。ワッハーブ運動は、信仰を忘れて儀礼主義に陥ったスーフィズム(イスラム神秘主義)や、ともすればアッラー以外の信仰対象を生みだしかねない聖者信仰などを糾弾し、イスラム法(シャリーア)に従った理想的な共同体を復活させようとした。19〜20世紀になると、イスラム世界の多くの地域が西洋の帝国主義政策により植民地となり、反植民地・反帝国主義としての原理主義運動が展開する。19世紀後半のスーダンのマフディズム運動や、1930年代にエジプトを中心に広がったムスリム同胞団の運動などはその典型である。79年にはイランでパフラヴィー(パーレビ)朝が倒され、ホメイニを指導者とするイラン・イスラム共和国が成立し(イラン革命)、イスラム原理主義が世界的に注目されるようになった。70年代以降のイスラム原理主義の運動を主に担ってきた人々は、伝統的なイスラム教育を受けた人々ではなく、むしろ世俗的な高等教育を受けた中流階層出身者が多いという特徴は興味深い。

(岩井洋 関西国際大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

イスラム‐げんりしゅぎ【イスラム原理主義】

Islam fundamentalismイスラム世界において、西欧的近代化を否定し、イスラム法に基づく国家・社会への回帰を求める思想や運動。イスラム復興運動。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

イスラム原理主義【イスラムげんりしゅぎ】

イスラム復興運動

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

イスラムげんりしゅぎ【イスラム原理主義】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスラム原理主義
いすらむげんりしゅぎ
Islam Fundamentalism

イスラム世界で近代化・欧米化が進むとともに、ウンマ(イスラム共同体)の伝統が崩れていくのに反発し、聖典コーランの精神に立ち返って、シャリーア(イスラム法)に基づく本来のイスラム社会への復帰を求める思想および運動。イスラム本源主義、伝統回帰主義、イスラム復興運動ともよばれる。古くは18世紀末にワッハーブ派、19世紀後半にはアフガーニーの改革運動があった。現在の運動もその流れをくむものであるが、予言者ムハンマド(マホメット)が生きた「聖代」への回帰を目ざすところから復古主義的であり、時の政治権力に抗して目的を達成しようとするため過激な行動に走りやすい。
 トルコでは原理主義の「福祉党(RP)」が教育、医療、社会福祉などの日常活動に力をいれ、1995年12月の総選挙で第一党となり、連立政権を成立させたが、98年1月に非合法化された。アルジェリアでも90年代に入って、中央・地方政界ともに躍進した同系の「イスラム救国戦線(FIS)」を1992年2月に非合法化、96年11月には全宗教政党を政治活動から排除する憲法改正を国民投票で承認した。また、アフガニスタンでは原理主義勢力「タリバン」が1996年の首都制圧から2001年の政権崩壊まで軍事力によって支配権を確立し、イスラエルやエジプトでも原理主義系の過激派が無差別的な攻撃活動を続けるなど、イスラム圏各国で多様な動きをみせている。なお、イスラム原理主義の英語表記であるIslam FundamentalismのファンダメンタリズムFundamentalismという用語は、元来キリスト教独自のもので、イスラム教、とりわけ過激な政治運動にまで広げて使うことなどは、問題があるとされている。[奥野保男]
『山内昌之著『「イスラム原理主義」とは何か』(1996・岩波書店) ▽小杉泰編『イスラームに何がおきているか――現代世界とイスラーム復興』(1996・平凡社) ▽大塚和夫他編『岩波イスラーム辞典』(2002・岩波書店) ▽大塚和夫著『イスラム主義とは何か』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイスラム原理主義の言及

【イスラム復興運動】より


[西洋による〈脅威〉の認識]
 アフガーニーは列強の侵略に抵抗するイスラム連帯を訴えたが,西洋側ではそれを自分たちに対する〈脅威〉ととらえ,パン・イスラム主義の名称で呼んだ。同様に,20世紀後半の復興現象に対しては,欧米でイスラム原理主義Islamic Fundamentalismの語が用いられるようになったが,これも〈脅威〉の認識によるものである。この語はイスラムの事例をキリスト教における聖書根本主義(ファンダメンタリズム)になぞらえているが,両者にはさほど共通要素はない。…

※「イスラム原理主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イスラム原理主義の関連キーワードモスク立てこもり事件(パキスタン)民族イスラム戦線[スーダン]イスラム行動戦線[ヨルダン]シェイク・シャリフ アハメドアメリカ大使館同時爆破事件ハマス党[アルジェリア]パキスタンのタリバン運動ハッカーニ・ネットワークパキスタン・タリバン運動マレーシア回教青年運動モハメド サルマーウィアフガンのメディア事情ウサマ・ビン・ラディンアメリカ同時多発テロサイフ アル・アデルシャルリエブド事件サラム ファイヤドアフガンの国造りトルコ・ヒズボラ福祉党[トルコ]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イスラム原理主義の関連情報