コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーゴロ Vigolo, Giorgio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーゴロ
Vigolo, Giorgio

[生]1894.12.3. ローマ
[没]?
イタリアの詩人,評論家。詩人としては両世界大戦間に主として活躍。ヘルダーリーンや E. T. A.ホフマンの翻訳者としても著名。主著『つくり上げられた沈黙』 Il silenzio creato (1934) ,『ローマの夜』 Le notti romane (60) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビーゴロ
びーごろ
Giorgio Vigolo
(1894―1983)

イタリアの詩人、評論家。絶え間なく流れ去る現在の時間のなかに、あたかも地層のように過去が埋もれている都市ローマを舞台に、幻想や神話的要素を盛り込んだ作品を書く。詩的散文『魂の町』(1923)、『つくられた沈黙』(1934)、詩集『宿命の歌』(1959)、『石の幻影』(1977)などがある。ヘルダーリンの翻訳者として、また音楽評論家としても有名。[川名公平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビーゴロの関連キーワード日清戦争史(年表)[各個指定]工芸技術部門日清戦争リーケの原理日清戦争国際オリンピック委員会ロシア映画[各個指定]芸能部門アレクサンドル露仏同盟

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android