コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピストン堀口 ピストン ほりぐち

3件 の用語解説(ピストン堀口の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ピストン堀口 ピストン-ほりぐち

1914-1950 昭和時代のプロボクサー。
大正3年10月7日生まれ。昭和8年早大在学中にプロデビュー。9年日本フェザー級チャンピオン,11年東洋フェザー級チャンピオン。左右連打のピストン戦法で知られる。138勝(82KO)24敗14引き分け。最多試合数と47連勝の記録をもつ。昭和25年10月24日列車にはねられて死去。36歳。栃木県出身。本名は堀口恒男。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピストン堀口
ぴすとんほりぐち
(1914―1950)

プロボクサー。本名堀口恒男(つねお)。栃木県生まれ。恩師渡辺勇次郎と同じ県立真岡(もおか)中学に学び、1932年(昭和7)早稲田(わせだ)大学専門部に入学、上京して「日本拳闘倶楽部(けんとうくらぶ)」に入門。翌33年の日仏拳闘戦の日本代表決定戦で同門の先輩中村金雄をテクニカル・ノックアウトして注目され、同年8月、3万人を集めた早大・戸塚球場でヨーロッパ・バンタム級チャンピオンのエミール・プラドネル(フランス)と引き分けて一躍有名になった。休むことを知らぬピストン戦法で知られる。戦績は176戦138勝(うち82KO)24敗14引分け。なお試合数は日本最多記録であり、47連勝の日本記録とともにいまだに破られず、「拳聖」とうたわれた。昭和25年10月24日、神奈川県馬入川鉄橋近くで列車にはねられて死亡。[石川 輝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

20世紀日本人名事典の解説

ピストン堀口
ピストンホリグチ

昭和期のプロボクサー



生年
大正3(1914)年10月7日

没年
昭和25(1950)年10月24日

出生地
栃木県芳賀郡中村

本名
堀口 恒男

学歴〔年〕
早稲田大学専門部

経歴
昭和7年中学校を卒業すると同時に、“ボクシングの父”渡辺勇次郎を慕って上京。日本拳闘倶楽部内弟子となり、アマチュアで2勝し、翌8年早大在学中にプロに転向。以来無敗の快進撃を続け、9年日本フェザー級チャンピオン、11年東洋フェザー級チャンピオンとなり、日本ボクシング界第1期黄金時代を築き、独特のピストン戦法で一世を風靡し“拳聖”とまでいわれた。戦後も試合を続け、23年日本ミドル級チャンピオンとなるが、25年列車にはねられて死亡した。通算戦績は176戦138勝(82KO)24敗14分で、最多試合数と47連勝の2つの輝かしい記録を打ちたてている。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピストン堀口の関連キーワードプロボクシングファイティング原田JPBA女子プロボクシング秋山政司大場政夫金子繁治小林弘西城正三日本プロボクシング協会

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピストン堀口の関連情報