アマチュア(英語表記)amateur

翻訳|amateur

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマチュア
amateur

職業化していない人。プロフェッショナルの対語。特にスポーツにおいて使用され始めたのは,18世紀後半のイギリスとされ,規程としては 1839年に始まったボートレース,ヘンリーレガッタの参加規程に用いられたのが最初である。近代オリンピックの創始とともに,アマチュアリズムはオリンピックの信条となったが,1968年テニスのウィンブルドン大会でプロフェッショナルとアマチュアの区別なしに参加させるオープン制および賞金制が採用されるなどの動きをうけ,1974年国際オリンピック委員会 IOC総会で参加者資格規程が大幅に改定され,オリンピック憲章からアマチュアの定義が削除された。これにより,スポーツ選手が個別にスポンサーと契約したり,当該団体から必要経費や広告出演料を受け取ることが可能となった。毎日練習もしくは試合に出場し,ほかの職業についていないプロフェッショナル,いわゆる「フルタイム・アスリート」がどの競技でもトップレベル層を構成するようになり,アマチュアということばはほとんど死語となった。 (→アマチュア規程 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアマチュアの言及

【アマチュアリズム】より

…アマチュアamateurはラテン語のamator(愛好者)に由来する。アマチュアリズムは,多くの場合スポーツにおいて問題とされる。…

※「アマチュア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アマチュアの関連情報