コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピソニア Pisonia

2件 の用語解説(ピソニアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ピソニア【Pisonia】

オシロイバナ科の1属で,熱帯を中心に約50種ある。若芽を食用にするものや,葉を観賞するものがある。和名はオオクサボク。一般に栽培されている種はブルノニアナP.brunoniana Endl.で,特に斑入りのものが多く作出されている。葉は長楕円形で光沢があり,斑は白と黄白色で不規則に生じ,大理石に似た模様をなしている。葉は幹の頂部にややかたまってつく。花は淡紅色,帯緑色である。原産地ニュージーランドから南太平洋諸島。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピソニア
ぴそにあ
[学]Pisonia umbellifera Seem.

オシロイバナ科の低木。オーストラリアモーリシャス、ニュージーランド、小笠原(おがさわら)諸島に分布し、和名をオオクサボクという。葉は節間の詰まった枝に密につき、長さ30センチメートル、幅10センチメートルの長楕円(ちょうだえん)形で、葉の外側が幅広い白から黄白色で、中央が濃緑と灰緑が不規則模様をなす園芸品種ワリエガータが観葉鉢物としてつくられる。栽培はゴム類に準じるが、寒さや乾燥にはより弱く、夏は半日陰で灌水(かんすい)を多くする。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピソニアの関連キーワードブーゲンビレア独活の木白粉臭い白粉下白粉花紙白粉京白粉紅白粉吉弥白粉田代芋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone