コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピャチゴルスク ピャチゴルスクPyatigorsk

3件 の用語解説(ピャチゴルスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピャチゴルスク
ピャチゴルスク
Pyatigorsk

ロシア南西部,北カフカズスタブロポリ地方の都市。スタブロポリの南東約 140km,大カフカズ山脈中西部北麓にあり,クマ川支流ポドクモク川にのぞむ。北カフカズの鉱泉地帯の中心地で,多数のサナトリウム,治療用温泉,病院があり,観光施設も完備し,保養地として知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ピャチゴルスク

ロシア連邦,スタブロポリ地方の都市。北カフカスの保養地として知られ,鉱泉が多く,近くにマシューク山,はるかにエリブルス山を望む景勝地。1841年詩人レールモントフは決闘によってこの地で死んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピャチゴルスク【Pyatigorsk】

ロシア連邦南西部,北カフカス中央部のスタブロポリ地方の療養地,保養地。鉱泉療法,泥浴療法(タムブカン湖の泥)で有名。カフカス鉱泉地帯の一つ,マシューク山麓にある。地名は〈五つの山〉の意で,五つの頂をもつベシタウBeshtau山(1400m)に由来する。人口13万2000(1993)。この地で1841年決闘で倒れた作家レールモントフの作品の舞台ともなる。保養地に関連した食品工業軽工業が盛ん。【高橋 清治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピャチゴルスクの関連情報