コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュージー ピュージーPusey, Edward Bouverie

2件 の用語解説(ピュージーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピュージー
ピュージー
Pusey, Edward Bouverie

[生]1800.8.22. ピュージー
[没]1882.9.16. アスコット
イギリスの神学者,オックスフォード運動の指導者。イートンオックスフォード大学に学び,1825~27年ドイツで古代オリエントの言語と神学を研究。 28年オックスフォード大学ヘブライ語教授となり,33年以降オックスフォード運動に参加し,『時局小冊子』 Tracts for the Times18号に寄稿 (1834) ,また説教によって聖餐におけるキリストの現存,個人の告解,聖職者の赦罪権などを主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピュージー
ぴゅーじー
Edward Bouverie Pusey
(1800―1882)

イギリス国教会(イングランド教会)の聖職者。雄弁な説教者でオックスフォード運動の指導者。同大学のヘブライ語の教授で教父学の分野でも業績がある。非国教徒が社会的に進出し、世俗権力と結合する風潮を国教会の危機と感じた学識者が『時局小冊子』を刊行し始める(1833)と、第18号に彼は寄稿して運動に参加し、運動の分裂(1845)後も、「使徒の継承者」の理念を大学の外に訴えて信仰復興と教会改革の運動を継続、スラム街伝道、海外宣教、女子修道院の設立などに努力した。[川又志朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ピュージーの関連キーワードインド哲学定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治ドルトン吉雄耕牛濃尾平野プロレスリング

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone