コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュージー ピュージー Pusey, Edward Bouverie

2件 の用語解説(ピュージーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピュージー
ピュージー
Pusey, Edward Bouverie

[生]1800.8.22. ピュージー
[没]1882.9.16. アスコット
イギリスの神学者,オックスフォード運動の指導者。イートンオックスフォード大学に学び,1825~27年ドイツで古代オリエントの言語と神学を研究。 28年オックスフォード大学ヘブライ語教授となり,33年以降オックスフォード運動に参加し,『時局小冊子』 Tracts for the Times18号に寄稿 (1834) ,また説教によって聖餐におけるキリストの現存,個人の告解,聖職者の赦罪権などを主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピュージー
ぴゅーじー
Edward Bouverie Pusey
(1800―1882)

イギリス国教会(イングランド教会)の聖職者。雄弁な説教者でオックスフォード運動の指導者。同大学のヘブライ語の教授で教父学の分野でも業績がある。非国教徒が社会的に進出し、世俗権力と結合する風潮を国教会の危機と感じた学識者が『時局小冊子』を刊行し始める(1833)と、第18号に彼は寄稿して運動に参加し、運動の分裂(1845)後も、「使徒の継承者」の理念を大学の外に訴えて信仰復興と教会改革の運動を継続、スラム街伝道、海外宣教、女子修道院の設立などに努力した。[川又志朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピュージーの関連キーワードニュージーランド亜区ニュージャージーポピュラーミュージックニュージーランド海驢ファジーコンピューターGGGIスージー ニューヨークとうほくニュージーランド村ピュージー,E.B.ニュージーランド馬衣 (New Zealand rug)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone