ピラジン

化学辞典 第2版「ピラジン」の解説

ピラジン
ピラジン
pyrazine

1,4-diazabenzene.C4H4N2(80.09).パラジアジンともいう.アミノアセトアルデヒドを塩化水銀(Ⅱ)と水酸化ナトリウムとで酸化的自己縮合させると得られる.ヘリオトロープ様の香りをもつ無色の結晶.融点57 ℃,沸点116 ℃.1.031.1.4953.水,エタノール,エーテルに可溶.昇華性があり,水蒸気蒸留ができる.芳香族性と第三級アミンの性質をもつ.還元すればピペラジンになる.[CAS 290-37-9]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典 第2版「ピラジン」の解説

ピラジン【pyrazine】

1,4‐ジアジンの別名。窒素2原子をもつ6員環芳香族複素環化合物の一つ。窒素2原子がパラ位に位置しているのでパラジアジンともよばれた。ヘリオトロープ様の芳香をもつ。融点57℃のプリズム状結晶,沸点116℃。水,エチルアルコール,エーテルに可溶で弱塩基性を示す。ピラジンの誘導体にはスルファメトピラジン(サルファ剤),ピラジナミド(抗結核剤)などがある。ピリダジンピリミジン【竹内 敬人】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android