コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピラジン pyrazine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピラジン
pyrazine

アミノアセトアルデヒドを水酸化ナトリウム塩化水銀 (II) により酸化させると生成する。無色柱状晶。融点 47℃。水,エチルアルコールエーテルに溶ける。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ピラジン

 C4H4N2 (mw80.09).

 食品を焼いた際にできる物質で,焙焼香の芳香成分.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピラジン【pyrazine】

1,4‐ジアジンの別名。窒素2原子をもつ6員環芳香族複素環化合物の一つ。窒素2原子がパラ位に位置しているのでパラジアジンともよばれた。ヘリオトロープ様の芳香をもつ。融点57℃のプリズム状結晶,沸点116℃。水,エチルアルコール,エーテルに可溶で弱塩基性を示す。ピラジンの誘導体にはスルファメトピラジン(サルファ剤),ピラジナミド(抗結核剤)などがある。ピリダジンピリミジン【竹内 敬人】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピラジンの関連キーワードピーマン・シシトウガラシ有機窒素化合物ピラジナミドホウレンソウピペラジンフェナジンサルファ剤タマネギほうじ茶ケルナージアジンキュウリトマトネギ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android