コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピルスナー ピルスナー 〈ドイツ〉Pilsner

3件 の用語解説(ピルスナーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ピルスナー(〈ドイツ〉Pilsner)

下面発酵淡色ビールチェコプルゼニュドイツ語ピルゼン)が発祥地で、日本の一般的なビールもこの系統に属する。淡色でホップの風味が特徴。ピルスピルゼンビールピルスナービール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

ピルスナー

プルゼニ(Plzen)▼チェコ西部の都市であり、プラハの南西九〇kmに位置し、ドイツ語名のピルゼンとしても知られる。チェコの主要な重工業都市であると共に、一二世紀以来、「ピルゼンビール(プルゼニビール)」の醸造で有名。このビールは「ピルスナー」とも呼ばれるが、プルゼニを原産地とするホップの効いた軽いラガービールである。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

ピルスナー【Pilsner(ドイツ)】


淡色麦芽を用いて下面発酵で醸造した、淡い黄金色のビールラガービールの代表的なもので、現在日本の大手メーカーのものはほとんどがこのタイプの製品であり、また世界的にももっとも一般的に普及している。きめ細かい泡、ホップの苦味、のどごしのよさが特徴で、アルコール度数は、3~5度。ホップの産地でもあったチェコ西部ボヘミア地方の都市プルゼニ(ドイツ語読みでピルゼン)で1842年に初めてつくられた。当時中心的なビール産地だったドイツでは主として硬水でつくられていたが、淡色麦芽をプルゼニのアルカリ性に近い軟水で仕込むことにより、それまでになかったすっきりとしたのどごしと淡色が生まれた。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピルスナーの関連キーワードラガービールアサヒ黒生下面発酵下面酵母下面発酵酵母麦芽酢発酵クリームバターエール/バイツェン/スタウト下面発酵ビール

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピルスナーの関連情報