コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピール銀行条例 ピールぎんこうじょうれいPeel's Bank Act

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピール銀行条例
ピールぎんこうじょうれい
Peel's Bank Act

1844年に成立したイギリスの中央銀行制度。イングランド銀行条例の別称で,ピール条令とも呼ばれる。首相 R.ピールのもとで制定されたため上記の名称で呼ばれる。この法律によってイングランド銀行は中央発券銀行としての地位を確立したが,同時に発券部と銀行部に2分割され,銀行券の発行は 1400万ポンドの一部保証発行を除き全額正貨準備金を要する (保証準備発行直接制限制度) ,発券銀行の新設は許さないという通貨主義の立場が採用された。 1928年にこの法律は廃止されたが,長らく世界各国の中央銀行成立の際の典拠となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピール銀行条例の関連キーワード全額正貨準備制度オーバーストーン銀行券発行制度金本位制度フラートン発券制度金融機関通貨論争通貨原理銀行原理

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android