コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通貨主義 ツウカシュギ

5件 の用語解説(通貨主義の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つうか‐しゅぎ〔ツウクワ‐〕【通貨主義】

1830~40年代に英国で唱えられた通貨論争における主張の一。物価は通貨の量の増減によって騰落するから、銀行券の発行は金の流出入に応じて規制する必要があるとした。→銀行主義

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

通貨主義【つうかしゅぎ】

1830年−1840年代に英国で行われた通貨金融に関する論争で,銀行主義に対立する見解。通貨主義者は,イングランド銀行券などの通貨の過剰発行が物価の高騰および金価格の騰貴をもたらすと考え,金を保証準備にして銀行券を発行すべきであると主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

つうかしゅぎ【通貨主義】

1830~40年、イギリスの通貨論争における主張の一。兌換だかん銀行券発行は正貨(金)によって規制されるべきであるとする考え方。 ↔ 銀行主義

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通貨主義
つうかしゅぎ

通貨原理」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

通貨主義
つうかしゅぎ
currency principle

通貨論争に際して銀行主義と対立した考え方。S・J・ロイド、G・W・ノーマン、R・トレンズ、R・ピールらによって主張された。通貨の発行量を貴金属量に一致させるべきだと説く。D・リカードによる貴金属の国際的配分、金本位の自動調節作用貨幣数量説を継承した政策論で、ピール銀行条例(1844)として具体化された。[鈴木芳徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の通貨主義の言及

【発券制度】より

…それ以前,イギリスにおいてはイングランド銀行のほか多数の地方銀行がそれぞれに銀行券を発行しており,発行限度額や兌換(だかん)準備については各銀行の独自の判断に任されていた。しかし,1830年代の恐慌時に多額の金が国外に流出し,イングランド銀行の金準備が不足するに至り,発券制度のあり方について検討の気運が高まり,通貨主義と銀行主義(〈通貨主義・銀行主義〉の項参照)の両者の立場の間で激しい議論が起こった。このときは結局,銀行券の過剰発行を避けるため国家によって銀行券発行高を厳重に制限する必要があるとする通貨主義の立場から,イングランド銀行は正貨(金)準備に見合う金額のほか,1400万ポンドに限って国債などの有価証券を保証物権として保証発行fiduciary issueを行うという保証発行直接制限制度が採択された。…

※「通貨主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

通貨主義の関連キーワード液体酸素ブルキナファソ沼津アルプスワンツリーヒルグリーン・オニオンズぱしふぃっくびいなす国産旅客機の開発長生炭鉱の水没事故北側開発と住民投票長生炭鉱水没事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone