ファウンティンズ修道院(読み)ファウンティンズしゅうどういん(英語表記)Fountains Abbey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ファウンティンズ修道院」の解説

ファウンティンズ修道院
ファウンティンズしゅうどういん
Fountains Abbey

イギリス中東部,ヨーク北西約 35kmのリポンにあるシトー会修道院跡。前期ロマン主義の影響を残すスタッドリー王立公園のなかにある。 12世紀初め,フランスのシトー会の寄付と支援によりヨークのベネディクト会セント・メアリー修道院の 13人の修道士によって建てられたのが始まりで,その後 16世紀まで4度に分けて建設された。一時はイギリス・シトー会修道院のなかでも一,二を争うまでに繁栄し,その影響力は海外にまで及んだ。しかし 16世紀ヘンリー8世の宗教改革により,シトー会は土地・財産を国家に没収され解体に追い込まれ,修道院も廃墟と化した。 1986年スタッドリー王立公園とともに世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android