コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファリンゲッティ ファリンゲッティ Ferlinghetti, Lawrence

2件 の用語解説(ファリンゲッティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファリンゲッティ
ファリンゲッティ
Ferlinghetti, Lawrence

[生]1919.3.24. ニューヨークヨンカーズ
アメリカの詩人,出版者。サンフランシスコノースビーチを中心にしたビート派の運動,いわゆる「サンフランシスコ・ルネサンス」の大御所的存在。自分の経営するシティ・ライツ書店を若い詩人たちの集会所に提供したり,シティ・ライツ・ブックスや雑誌『至福』 Beatitudeを発行して,若い詩人に発表の場を与え,ギンズバーグコーソを世に出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファリンゲッティ
ふぁりんげってぃ
Lawrence Ferlinghetti
(1919― )

アメリカの詩人。ニューヨーク出身。1950年におこったサンフランシスコのビート詩運動の中心人物。彼の経営するシティ・ライツ社からA・ギンズバーグの詩集『吠(ほ)える』を出版して注目を浴びる。彼自身にも、巧みな話しことばのスタイルを駆使した『心のコニー・アイランド』(1958)、『サンフランシスコから出発して』(1961)などの詩集がある。ギンズバーグもケロアックも亡きいま、ファリンゲッティは平易なスタイルで詩を書き続け、ビート世代のパトロン(後援者)として多くの読者をもっている。[新倉俊一]
『片桐ユズル・中山容訳『ファーリンゲティ詩集』(1968・思潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファリンゲッティの関連キーワードニューヨークカットニューヨークタイムズニューヨーク・ニューヨークニューヨークニューヨークニューヨーク・ニューヨーク・ウルトラライトニューヨーク・ニューヨーク・フルフレーバーニューヨーク・ニューヨーク・メンソールニューヨーク・ニューヨーク・メンソール・ライトニューヨークニューヨーク・ワンニューヨークパパ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone