コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルグ ファルグ Fargue, Léon-Paul

2件 の用語解説(ファルグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファルグ
ファルグ
Fargue, Léon-Paul

[生]1876.3.4. パリ
[没]1947.11.24. パリ
フランスの詩人。バレリージッドラルボーら多くの文学者と交遊,『NRF』をはじめ多くの雑誌に関係した。おもな詩集に『タンクレード』 Tancrède (1911) ,『音楽のために』 Pour la musique (14) ,詩文集『パリの逍遙子』 Piéton de Paris (39) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファルグ
ふぁるぐ
Lon-Paul Fargue
(1876―1947)

フランスの詩人。マラルメの弟子。世紀末都会派詩人の流れをくむ叙情詩人として、空想と憂愁を湛(たた)えた自由詩や散文を書いた。ジッド、バレリーらと親交を結んだが、いかなる文学運動にも加わらず、また、詩人の本分は孤高にあると主張した。近代都市の魅力を奇想を交えた才気あふれる筆致で歌い、シュルレアリストたちには先駆者の1人として愛読されるとともに、パリの生活情景を活写する優れた散文を発表した。おもな詩集や詩的散文集として『タンクレード』(1895)、『詩集』(1912)、『音楽のために』(1914)、『パリにならいて』(1932)、『パリの歩行者』Piton de Paris(1939)、『太陽の昼食』(1942)、『幻燈(げんとう)』(1944)などがある。[田中淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ファルグの関連キーワードエヌ没・歿勃・歿・没三角数ハルパリュケヘパラン硫酸パリ天文台Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファルグの関連情報