コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファルグ ファルグFargue, Léon-Paul

2件 の用語解説(ファルグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファルグ
ファルグ
Fargue, Léon-Paul

[生]1876.3.4. パリ
[没]1947.11.24. パリ
フランスの詩人。バレリージッドラルボーら多くの文学者と交遊,『NRF』をはじめ多くの雑誌に関係した。おもな詩集に『タンクレード』 Tancrède (1911) ,『音楽のために』 Pour la musique (14) ,詩文集『パリの逍遙子』 Piéton de Paris (39) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファルグ
ふぁるぐ
Lon-Paul Fargue
(1876―1947)

フランスの詩人。マラルメの弟子。世紀末都会派詩人の流れをくむ叙情詩人として、空想と憂愁を湛(たた)えた自由詩や散文を書いた。ジッド、バレリーらと親交を結んだが、いかなる文学運動にも加わらず、また、詩人の本分は孤高にあると主張した。近代都市の魅力を奇想を交えた才気あふれる筆致で歌い、シュルレアリストたちには先駆者の1人として愛読されるとともに、パリの生活情景を活写する優れた散文を発表した。おもな詩集や詩的散文集として『タンクレード』(1895)、『詩集』(1912)、『音楽のために』(1914)、『パリにならいて』(1932)、『パリの歩行者』Piton de Paris(1939)、『太陽の昼食』(1942)、『幻燈(げんとう)』(1944)などがある。[田中淳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ファルグの関連キーワード秋月の乱スラブ音楽リットン報告書アフリカ文学高野辰之一竜斎貞山2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファルグの関連情報